時香忘(じこぼう)(木曽郡木曽町;幻の蕎麦らしい) - 桜ん坊の食事処めも

時香忘(じこぼう)

【電話番号】0264-27-6428
【営業時間】1100-1600(土日祝1030-1700)
【定休日】火曜日(1-3月は水曜日も;8月は無休)
【住所】長野県木曽郡木曽町新開8990

2015/2/22 幻の蕎麦だとか

冷たい雨降りの日。
時香忘(じこぼう)(木曽郡木曽町;幻の蕎麦らしい)の料理の写真とか
開店と同時に入店し、
若めの女性店員に赤ちゃんのいることを伝えると、
一瞬空気が止まったが、
特に騒がないことを言い添えると好きな席にどうぞってなった。
時香忘(じこぼう)(木曽郡木曽町;幻の蕎麦らしい)の料理の写真とか
ありがとう。
それでは息を殺すように蕎麦を手繰りますか。
時香忘(じこぼう)(木曽郡木曽町;幻の蕎麦らしい)の料理の写真とか
時香忘(じこぼう)(木曽郡木曽町;幻の蕎麦らしい)の料理の写真とか

注文を済ませ、厠から戻ると山葵とおろし器が机の上にあったけど、
こゆのめんどくさいから勘弁してくれよってなったけど、
山葵の質か、鮫皮の質か、今までで一番摺りやすい山葵だったけど、
俺、蕎麦手繰んのに山葵要らんし、
蕎麦湯飲むときに、まあ、あれば入れるよって程度でして。
時香忘(じこぼう)(木曽郡木曽町;幻の蕎麦らしい)の料理の写真とか
時香忘(じこぼう)(木曽郡木曽町;幻の蕎麦らしい)の料理の写真とか
それにしても葱の盛りつけが美しいな (・∀・`*)

「夜明け蕎麦」(1500円)
時香忘(じこぼう)(木曽郡木曽町;幻の蕎麦らしい)の料理の写真とか
大盛りはできないって。
なんか我が家といろいろ相性悪いねお宅。> 『時香忘』
時香忘(じこぼう)(木曽郡木曽町;幻の蕎麦らしい)の料理の写真とか
歯間に葱の挟まるような、
上顎に粉物のお菓子がはっつくような、
なんか繊維質のような違和感があるので嫁と首を傾げつつ、
改めてメニューを見ると「つなぎに 0.12% の葉脈だけを使い」とある。
これが理由?でも 0.1% なんてないようなもんだよな。
じゃあほかのが原因か。

それからメニューにはこの「夜明け蕎麦」について
「仕事の難易度が全く違います」とかなんとか。
商品の裏の苦労話なんて女々しく語られると飯が不味くなるぜ。

「極粗挽き寒ざらし熟成 もり蕎麦」(1200円)+「おお盛り」(300円)
時香忘(じこぼう)(木曽郡木曽町;幻の蕎麦らしい)の料理の写真とか
蕎麦はぼちぼち、つゆもまあまあ、
だのに合わせて食べると水っぽく、
つゆの味も素っ気なくなるこの不思議。
食べ応えがあったことだけは有り難い。

せっかく千円以上払ってざる喰ってんだからって
美味しい点を捜したけれど、
俺には見つからなかった。
近くにあったらまた食べたい?って嫁に問うと、
 (・∀・)・・・
沈黙を返してくれた。
時香忘(じこぼう)(木曽郡木曽町;幻の蕎麦らしい)の料理の写真とか

食後、
蕎麦湯が出てこないので不安になったが、
お願いするとやってきた。
時香忘(じこぼう)(木曽郡木曽町;幻の蕎麦らしい)の料理の写真とか
お洒落な容器は結構だけど、
取っ手がないのでとっても熱い。←

でろでろのこの蕎麦湯、
薬味を入れたり、蕎麦つゆと合わせたりするよか、
なにも入れずにいただくのが最高に旨かった \(・∀・)/

開店時は俺ともうひと組。
帰るまでにもう三組やってきた。
やっぱこの時期の蕎麦屋は有名店でも空いてるだね。
時香忘(じこぼう)(木曽郡木曽町;幻の蕎麦らしい)の料理の写真とか

会計時は店主が対応してくれて、
元々は商社マンだったとかまったく俺の関心ない話が続いて辟易した。
勘弁してくれよ。


メニューの写真:
時香忘(じこぼう)(木曽郡木曽町;幻の蕎麦らしい)の料理の写真とか