お食事処 大受(だいじゅ)

【電話番号】0265-36-5123
【営業時間】1130-1330, 1800?-2200(last order 2030)
【定休日】水曜日
【住所】長野県下伊那郡松川町元大島;R153沿い

2005/08/13 (・∀・) 美味しいうなぎが食べたいねー!編

ランチに『呉竹鮨』にテルしたら予約でいっぱい。お盆だからかなと、『大受』には警戒して予約を入れた。この店は連れが家族で利用しているお気に入りのうなぎ屋さんなのだそうだ。さてどんなものかしらん。

お店に入ると女将が俺たちを見て座敷ではなくテーブルの方がいいんじゃないかと薦めてくれたが、俺はあぐらまんなのだと断る。ところが座敷とは仕切りのないただっぴろい空間(詰めずに40人くらい座れる)。お盆&夏休みという時季故か、子供連れや子供を連れた子供っぽい大人や子供と遊ぶ子供がたくさんはしゃぐ。極めて賑やかだ。一方薦められた厨房側のテーブル(2卓しかない)は、しっとりと閑静な住宅地。なるほど。女将に従うべきだった (´・ェ・`) アゥ-

こんな状態なので、接客超アクセク。ポットを持って「これはなんですか」と訊ねる客に対して、「お湯ー!」と叫びながら縦横に走り回るおばちゃんふたり(含:女将)。あの人数(20人を超える新規客)の接客を息もつかずにこなすのだからなんの文句も言えない。田舎の母ちゃんはやっぱすげーやな ヽ(゚Д゚*)ノ good job! そんな雰囲気なので客の中には気を使って、自分で水を汲む人間もいる(含:桜ん坊カプル)。それを見て給仕のおばちゃん「呼んでくれればやりますから~!」ってこの修羅場であんたら呼べる奴はそうおらんに (・-・*) ムリムリ

さて、連れと注文したのは「桶まぶし膳」(2100円)と「石焼きうなぎ」(1530円)。

最初に運ばれてきたビールが霜びっしりのキンキンジョッキだったせいで、このお店は残念なお店なのかなぁとがっくし肩を落としたが、(・∀・) うなぎんまーい! イエーイ☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ 俺好みのタレとふっくら濃厚でいていくらも脂っぽくない、俺には理想のうなぎ(どこ産かは不知。どこだって構わない)。これはいいぞ。

「桶まぶし膳」は、のりを乗せても、さらしネギを混ぜても、出汁をかけてうな茶漬けにしてもうまい!でも「石焼きうなぎ」は、おこげの香りがうなぎのそれに勝ってしまう点、うなぎに熱が入りすぎて締まり過ぎてしまう点がちと残念。果敢な創意工夫は認めるし、これを注文している男客も多くいたが、これだけのうなぎなら初見の俺はオーソドクスにうな重にすべきだった。いずれ再訪するので、ネクストステージにてチャレンジ。楽しみだ。

※ 最近行く店行く店すべてがお漬物にきゅうりをどばどばばと盛ってくれるわけだが、これは流行りなんか。俺はきゅうり嫌いなのに (´・ェ・`) 出れば残さず喰うけどさ。連れはくすくす笑うし。。(´・д・) モゥ でも大受はお漬物(きゅうりとうり)も美味しかった。きゅうりが嫌いなのであって味はさほどイヤじゃない。そう、ぼくはきゅうりが嫌いなのだ。


関連リンク:
□ メニュー抜粋 by 桜ん坊 ゜+.(・∀・)゜+.゜

◆ 写真 ◆



「石焼きうなぎ」 before まぜまぜ


「石焼きうなぎ」 after まぜまぜ
メニュー抜粋(2005/08/13)
うなぎ
上うな重2400 yen
うな丼1260 yen
桶まぶし膳2100 yen
うなとろ丼1480 yen
石焼きうなぎ1530 yen
うなぎ白焼(一本)1450 yen
うなぎ巻玉子800 yen
うなぎチーズ巻き1900 yen
きも焼き(二串)600 yen
天ぷら
天ぷら御膳1260 yen
海老野菜天重1260 yen
海鮮七福天重1470 yen
まぐろづけ丼1200 yen
海老帆立丼1380 yen
穴子天丼1350 yen
海老天丼1260 yen
野菜天丼1200 yen
カニ天丼(タラバ!)1980 yen
かきあげ天丼1100 yen
一品料理
もずく350 yen
よせ豆腐380 yen
だし巻き玉子550 yen
カンパチのかま焼き500 yen
かますの開き480 yen
真名かつお西京着け420 yen
牛すじの煮込み480 yen
砂肝ニラ炒め420 yen
ゴーヤチャンプル630 yen
水菜のカリカリジャコサラダ480 yen
まぐろの山掛け650 yen
茄子の揚げだし450 yen
山芋のモッチリ揚げ600 yen
お好み焼風とんかつ750 yen
※ メニュー及び料金変更に関する一切の責任を負いません (:D)┓モコ