モスコー

【電話番号】0265-72-4528
【営業時間】1830-2400
【定休日】日曜日~木曜日
【住所】長野県伊那市坂下旭町1906-3;どや川通り沿い

2007/4/21 お散歩編

写真のみアップ。


関連リンク:
□ メニュー抜粋 by 桜ん坊 ゜+.(・∀・)゜+.゜

◆ 写真 ◆



店外


店外


店外


店外


店外風景
メニュー抜粋(2007/04/21)
カクテル
モスコミュール1000 yen
ジンフィズ1000 yen
ニコラシカ1000 yen
※ メニュー及び料金変更に関する一切の責任を負いません (:D)┓モコ

◆ ニュースの手控え ◆

◎ 老舗バー、再び歩み 2年前に閉店 34歳女性が引き継ぎ
2014年09月27日(土)

 数多くの客に惜しまれながら2年ほど前に閉店した伊那市坂下のバー「露都(ろと)モスコー」が、復活した。市内の飲食店に勤めていた同市の井口のどかさん(34)が店名をそのままに引き継いだ。再開を喜ぶ常連や新たな若い客に囲まれ、「老若男女みんなが和気あいあいと過ごせる店にしたい」と歩み出している。

 モスコーは昭和30年代に開業。クラシックやジャズなどのレコードが流れ、ちょうネクタイをした寡黙なマスター故唐沢基夫さんがシェーカーを振り、和服姿の妻和歌さん(80)が接客を担当した。二人三脚で営んだ店は、地元をはじめ県内外の人々に愛された。しかし、和歌さんが体調を崩して療養生活を送るようになり、基夫さんも1人でカウンターに立ったが、次第に休みがちに。基夫さんは昨年1月、80歳で亡くなった。

 「落ち着いた空間で会話を楽しむ店を開きたい」と考えていた井口さんは今年2月、知人の紹介で空き店舗となっていたモスコーに出合った。年季が入った木製のカウンター、アンティーク調の照明…。レトロな雰囲気に一目ぼれし、「ここでやってみたい」と思いを膨らませた。

 その後、唐沢さん夫妻の次女で女優・声優の栗林潤(芸名・唐沢潤)さん(53)=東京=と店で会い、開業への思いを伝えた。栗林さんは直感的に「彼女ならやっていけると思った」という。

 栗林さんによると、基夫さんの父はロシア文学好きだった。店名はその影響も受けてモスコーと付けたという。井口さんは新しい店名も考えたが、栗林さんからかつての店の話を聞き、変えずにいこうと決めた。井口さんの父がトイレを改修し、母が名刺をデザインするなど開店を後押し。この夏、再び明かりがともり、屋外の魅惑的な赤い看板も暗闇に浮かんだ。すると、友人など新たな客だけでなく、閉店する前に来ていた人たちも訪れるようになった。中には、「もう店に入れないと思っていた」と言って泣きだす人もいたという。

 「父も母も喜んでいる」と栗林さん。井口さんには、老舗の看板を背負うことになる重圧も想像するが、「肥やしにして乗り越えてほしい。彼女らしさを生かして花開いてくれればいい」と願う。井口さんは「以前のようなお店はできないけれど、昔のお客さんとも同世代とも長く付き合い、店と一緒に自分も成長していきたい」と話す。

- http://www.shinmai.co.jp/news/20140927/KT140925SJI090009000.php -