和菓子處 にしお

【電話番号】0265-73-6887
【営業時間】1000-1800
【定休日】不定休
【住所】長野県伊那市境南1580-7

2014/8/30 ほっぺたすぎるお団子

待ち客のいないときを狙って行ったけど、
そいでも結構待たされた (・∀・`*)
和菓子處 にしお(伊那市;出来たてのお団子)の料理の写真とか
和菓子處 にしお(伊那市;出来たてのお団子)の料理の写真とか

出来たての団子は、
極薄の表皮の中にほんわりとしたものが包まれているだけの
不思議な食べ物 \(・∀・)/
和菓子處 にしお(伊那市;出来たてのお団子)の料理の写真とか
その食感はほっぺと呼ぶに相応しい (ノ)・∀・(ヾ)

みたらし好きとしては、
みたらしが安い扱いなのがかなしいw
和菓子處 にしお(伊那市;出来たてのお団子)の料理の写真とか

この日はひとりで寄ったので、
お土産買って帰宅った (・∀・)ノ゙
和菓子處 にしお(伊那市;出来たてのお団子)の料理の写真とか
和菓子處 にしお(伊那市;出来たてのお団子)の料理の写真とか
和菓子處 にしお(伊那市;出来たてのお団子)の料理の写真とか

簡素に見える割には、
店内といい、パッケージといい、
意外と主張が強い (^▽^桜)


関連リンク:
□ このお店の写真一覧 ゜+.(・∀・)゜+.゜
□ メニュー抜粋 by 桜ん坊 ゜+.(・∀・)゜+.゜

2011/11/19 境ににしお有り

『あっとホーム(南箕輪村)』での実質最後(と思われる)の打ち合わせを終え、
我が家の現場を軽く見学し、
その後、『にしお』へ。

先客は三組。
ひと組あたり十分くらいのペースでゆっくりと進み、
12時ちょい前に入店した俺らがお団子にありつけたのは、
12:38 \(・A・)/

待つことはそれほどしんどくなかったが、
じゃばじゃばの本降り(雨)のせいで足が冷え、
トイレが愛おしかった。

でも、
お団子をいただけばすべて忘れられるほどにうまい。
和菓子處 にしお(伊那市;出来たてのお団子)の料理の写真とか

表面に薄くサクリとした膜が張り、
中はお麩のようにやわらかく、そしてもちりとした食感。
それに出来たてなのであったかという要素が付加される。
無敵に \(・∀・)/ 素敵!

何度もいただいてきたが、さらに技に磨きが掛かっているよう。
嫁もこれまでで一番うまいとのこと。
季節も関係するのかな。
寒い時期に食べたのは初めてかも知れない。
それに待ちに待ったしね。

こんなパーペキンな内容で、
みたらしは 50円、その他は 80円というお値打ち価格。
えらいことだよ ゜+.(・∀・)゜+.゜


関連リンク:
□ このお店の写真一覧 ゜+.(・∀・)゜+.゜
□ メニュー抜粋 by 桜ん坊 ゜+.(・∀・)゜+.゜

2009/3/1 をぴと

お昼 with をぴ+マイ嫁
和菓子處 にしお(伊那市;出来たてのお団子)の料理の写真とか
10本すべてを店内で (:D)┓ペコリ
※ この本数は一般にはお持ち帰りだと思います。

表面のほんの上の薄い部分のみがかりっとしていて
あとはもっちもちなのにやわふわ ゜+.(・∀・)゜+.゜

変わることのないご主人の気構えを堪能できた。
ここのご主人は、
一生、偽りなくこの姿勢でいられるのだろう。

食後は、『LET』に玉突きへ (・∀・)カツーン


関連リンク:
□ このお店の写真一覧 ゜+.(・∀・)゜+.゜
□ メニュー抜粋 by 桜ん坊 ゜+.(・∀・)゜+.゜

2006/10/29 店主の気持ち編

店内各所にあった、店主の言葉、或いは気遣い、それとも願いか?をまとめておこう。

【文言一】
団子のお餅はお米の粉(上新粉)と水だけを蒸してつくりました。注文を頂いてから焼き団子にしていますから温かく美味しいです。なるべく早くお召し上がりください。

【文言二】
出来立てから 30分以内の温かい団子が一番美味しく召し上がって頂けます。

【文言三】
3-4時間位で少し硬くなります。翌日には完全に硬くなります。

【文言四】
店内で、焼きたての熱い団子を召し上がってみて下さい。包装する間にも味が落ちますのでご注文時におっしゃって下さい。出来たて 3分以内の団子は味が全然違います。(包装した団子は 3分を過ぎています。)

せっかく店内で食べたのに、写真撮ってたんで 3分過ぎちゃいました (´・ェ・`) ァゥー


関連リンク:
□ このお店の写真一覧 ゜+.(・∀・)゜+.゜
□ メニュー抜粋 by 桜ん坊 ゜+.(・∀・)゜+.゜

2006/10/29 絹の餅編

もう 11月になろうと言うのに、日差しがやたら強い。日曜日、車の窓を開けっぱなして、連れとふたりで団子屋に行った。
和菓子處 にしお(伊那市;出来たてのお団子)の料理の写真とか
店に入ると「いらっしゃいませ」と挨拶はされるが、噂どおり、陳列ケースにはほんとになにも並んでいやがらない。ケースの中に入っているのは、メニュー(たった 5種類の団子だが)と団子に対するこだわりを綴った A4 用紙。店に薀蓄を語られたり、喰い方を指図されることをクソ嫌う俺だが、珍しく素直な共鳴があった。文体に店主の謹厳実直な態度が顕れているからであろう。

注文の仕方は、先客が商品を受け取ってから、次の客が注文 → 受け取り+支払い、という客をムダに待たせる形態である(今思えば飯屋じゃないのだし、一人で切り盛りしているようなので当然か)。さて、我々の注文の段階になってちょっと困ったことがある。ふたりともそれ程食べる方ではなく、またこれからウルトラなデートを展開するため端からここで食べて行く算段だったのだが、4本注文しても 290円しかしないのだ。茶代でも取ってくれれば気が楽なのだが、セルフサービスのお茶はロハ。ぬぅ、と悩んで 5本にした(それでも 370円)。あまり変わらないと思うだろうが、小食側にとっては思い切った決断なのだ。しかし、あの小さい机でその場で食べるのを目的に来た我々はやっぱりちょっと肩身が狭い。他の客たちは、全員店内で 2-3本食べていたが、お持ち帰りを作ってもらっている間に食べるというスタイルだった。しかし、まあ、仕方ないだろう。なんせ、俺たちにはお持ち帰るところがないのだから。
和菓子處 にしお(伊那市;出来たてのお団子)の料理の写真とか
お待ちかねの団子×5本。四の五の考えずにパクっと頬張る。は~、団子とはこんなうまいものなのか。団子というものに当たり前にあるはずのざらつきや粉っぽさがどこにもなく、撞きたての餅に絹のような滑らかさが加わったような感じである。まるで天使のほっぺにちゅ~しているかのようだ。そして、串に付いた団子の残りがびよよ~んと伸びるなんて言うのも初体験だった(当然、連れはそのびよよんで遊びまくっておったがよ)。
和菓子處 にしお(伊那市;出来たてのお団子)の料理の写真とか
そうそう、甘さが控えているため、ずいぶんと食べやすかった反面、大好きなみたらしやごまがそれでは物足りなく、ここで食べるなら自分はオーソドクスに「あん」が向いているようだ。さらさらしっとりしていて、実にうまい。連れはごまが気に入ったようだが、デートんときにお歯黒してんなよ、なあ。


関連リンク:
□ このお店の写真一覧 ゜+.(・∀・)゜+.゜
□ メニュー抜粋 by 桜ん坊 ゜+.(・∀・)゜+.゜

◆ 写真 ◆



店外


店外


みたらし団子


ごま団子


あんこ団子


さくらあん団子


うぐいす黄粉団子
メニュー抜粋(2006/10/29)
団子(1本)
みたらし団子50 yen
ごま団子80 yen
あんこ団子80 yen
うぐいす黄粉団子80 yen
さくらあん団子80 yen
※ メニュー及び料金変更に関する一切の責任を負いません (:D)┓モコ