SHINSYU 馳走 DINING 月の轍(つきのわだち)

【電話番号】0265-76-1601
【営業時間】1730-2300(金土+祝前2400)
【定休日】水曜日
【住所】長野県伊那市伊那荒井通り町3474

2009/01/24 2nd

前回予約なしで振られたので、今回は数日前に予約しておいた。電話口の若い女性が丁寧に応対してくれる。最初の印象のとおり人当たりの好いお店。あまり電話は好きじゃないのだが、ゆったりと話せた。

当日、18時に予約を入れてあったのだが、少し早めに入店。カウンターに通される。
SHINSYU 馳走 DINING 月の轍(つきのわだち)(伊那市)の料理の写真とか
メニューはヌーベルキュイジーヌとでも云うか、『BUNA』に通じるものがある。こういう目新しい語感のメニューは飽きっぽい伊那民にウケる。ふたりでじっくり考えて、不明な点を 2、3、店員さんに訊ねる。多忙にも関わらず、皆物腰がやわらかく、人あしらいが丁寧。急かされない接客。これで店内が静かなら落ち着けるのに。わいわいがやがや。煩い、喧しい、騒がしい、煙たい。

突き出し
SHINSYU 馳走 DINING 月の轍(つきのわだち)(伊那市)の料理の写真とか
ぱっくり、舟のような、眉月(三日月)形の器。月の轍はその店名どおりこのお店のコンセプト。それが大切にされているのは店内のインテリアのあちこちに見られる月の軌跡(=轍だな)を示すものから見て取れる。おお、って思ってしまうようなところにあったりして楽しい。

「砂肝の醤油漬け」
SHINSYU 馳走 DINING 月の轍(つきのわだち)(伊那市)の料理の写真とか
砂肝の食感のするお肉のような。そんな一品。

「パリパリ揚げ麺と小海老の胡麻サラダ」
SHINSYU 馳走 DINING 月の轍(つきのわだち)(伊那市)の料理の写真とか
サラダはボリューム欲しい。美味しかったがね。

「じゃが芋とベーコンのとろ~りチーズ焼き」
SHINSYU 馳走 DINING 月の轍(つきのわだち)(伊那市)の料理の写真とか
じゃが芋とベーコンの上にチーズがある。そのまま。待ち時間が長いので白いごはんでも頼もうとお願いしたけどないみたい。

「わたり蟹の唐揚げ」
SHINSYU 馳走 DINING 月の轍(つきのわだち)(伊那市)の料理の写真とか
竜田揚げっぽい。俺はそういうの粉っぽくてもともと苦手。嫁は蟹味噌うまし、と。

「湯葉のコロッケ豆腐ソース」
SHINSYU 馳走 DINING 月の轍(つきのわだち)(伊那市)の料理の写真とか
豆腐の香りがとても馥郁。一方、コロッケの記憶はほとんどない。

「軍鶏つくね蓮根の挟み揚げ甘酢かけ」
SHINSYU 馳走 DINING 月の轍(つきのわだち)(伊那市)の料理の写真とか
甘酢が透明。すっぱすぎ。
つくねの食感がぼさついていていくない。

「琥珀エビスビール生」
うまし。

「ドラフトギネス サージャー」
超音波で泡立てるのだとか。とってもクリーミー。

嫁は、「烏龍茶」と「クランベリー」。

さて、特別美味しいものはなかったかな。目新しくはあったけど、どれも味付けが濃くてちょっとしんどい。でも、作りは繊細だし、こだわりも見える。なにより器が料理と完全マッチ。少しは気を抜けよと思うほど。写真を並べてみると、料理や器に "月" という言葉に拘っている気がしてならない(ような気がする)。ごちゃごちゃした感想だけど、要は、素晴らしいけど俺の好みじゃないってこったな。

なんてなこと書いてたら、嫁が、

 (・∀・) ワインにあわせるんだよ!

とフォローしてきた。『月の轍』にはワインのストックが 400本もあるらしい。でも、俺の周り誰も飲んじゃいなかったがね。

料理の待ち時間のうんざりするほどの長さと、店内の煩さにげんなりして、デザートは外でいただくことにした → 『久良運』。ここは、週末はデートではなく、皆で wai wai 楽しむという利用に向いてるってことだね。俺たちには縁がなさそうだ。

◇゚)ノ アデュ~


◇ 今宵のオススメ(Vol. 193)(抜粋):
・目鯛のカルパッチョ 700円
・わたり蟹の唐揚げ 620円
・じゃが芋とベーコンのとろ~りチーズ焼き 700円
・厚揚げのカリふわ焼き さっぱりおろし 450円


関連リンク:
□ BUNA(ブナ)(伊那市)
□ メニュー抜粋 by 桜ん坊 ゜+.(・∀・)゜+.゜

2008/09/27 月の轍をはるばると編

サタデーナイト。相変わらず空襲時のように大人しい通り町商店街。この店にしたってまだ周知もされていないだろうし、その例外じゃあるまいと高括って戸を開けば暗がりからふっと沸く殷賑の熱。満員御礼、か。忙しかろうに店員さんが酷く申し訳なさそうに丁寧に俺らをあしらってくれたのが印象的。また伺います (:D)┓ペコリ

しかし、設えも雰囲気もめっさ隠れ家的だったな。すげ。
SHINSYU 馳走 DINING 月の轍(つきのわだち)(伊那市)の料理の写真とか

※ 『月の轍』は、『BUNA(ブナ)』の弐号店だそーだ。


関連リンク:
□ BUNA(ブナ)(伊那市)
□ メニュー抜粋 by 桜ん坊 ゜+.(・∀・)゜+.゜

◆ 写真 ◆

SHINSYU 馳走 DINING 月の轍(つきのわだち)(伊那市)

店外
SHINSYU 馳走 DINING 月の轍(つきのわだち)(伊那市)

「湯葉のコロッケ豆腐ソース」
メニュー抜粋(2009/01/24)
月出し
馬刺しの和風カルパッチョ900 yen
クリームチーズのお刺身480 yen
砂肝の醤油漬け620 yen
焼き茄子の煮浸し480 yen
焼き物
南信州豚の厚切りゆっくりロースト1420 yen
生麩と帆立のクリームグラタン700 yen
鰻巻き玉子 きのこ時雨がけ740 yen
ぎたろう軍鶏の特製つくね900 yen
ぎたろう軍鶏のもも肉と季節野菜のグリル盛り合わせ1240 yen
揚げ物
穴子の天麩羅 3色ソルト850 yen
ゴボウの叩き揚げ480 yen
湯葉のコロッケ豆腐ソース600 yen
煮物・蒸し物
特大轍風茶碗蒸し740 yen
豚と白菜の重ね蒸し柚子ポン酢600 yen
炙りサーモンといくらの海鮮ちらし890 yen
マヨ鉄火とお新香の細巻き680 yen
青さ海苔の味噌汁380 yen
飲み物
琥珀エビスビール生600 yen
ドラフトギネス サージャー600 yen
烏龍茶、クランベリー、ジャスミン茶各400 yen
※ メニュー及び料金変更に関する一切の責任を負いません (:D)┓モコ