博多もつ鍋 蟻月(ありづき) 恵比寿

【電話番号】03-5424-0656
【営業時間】1800-2600(日祝2400)
【定休日】年中無休
【住所】東京都渋谷区恵比寿2-9-5

2007/06/16 デジカメがもつ鍋臭くなった編

蟻月。
調べれば調べるほどに「予約が取れないことで有名」なことを知る。その電話の繋がらなさは Adobe のサポートを彷彿とさせるため、客たちに Microsoft 並の諦観を与えるかと思いきや、もつの魅力の前に人はひたむきに架電を繰り返すらしい。なんか、ストーカーみて。

今回、俺らについては東京のだち(MA)が予約を取ってくれた。鬼の首をな喜びようなので、楽しみにしていったわけだが、なるほどうまく、店員さんの接客姿勢も俺好み。その上、客間がゆったりと広く清潔だったおかげで、みなのビアフェス疲れも存分に快方に突撃していった (・∀・)v

「国産黒毛和牛レバー刺」
レバ刺しはその食感が苦手でずっと遠慮していたのだが、ここのは歯ごたえくみくみしててうまいね。伊那谷のレバ刺し有名店でもトライしてみたくなった。

「酢もつ」
人気サイドメニューらしいが、貝ひもみたいな食感のものが大量にあっても飽きる。小鉢にちょこっとがいい。

「とろとろ半熟ニラ卵とじ」
これもうまいといきり立って注文する MA を、騒ぐほどじゃあるまいと冷ややかに見ていたが、うまい (・∀・)v 一枚、ひとりでするする食べたい。

「こしひかり土鍋飯 二合」
ごはん野郎が集まっていたので、酒の席でも当然ごはんがお呼ばれされまする。

「赤のもつ鍋(しょうゆ風味)」
もつ煮をイメージしていたので、やってきたもつには面食らった。もつの脂が主体となった鍋なのだ。なんだかね、と黙々と食べていたが、いや、黙々としたくなかったのだけど、みんな黙々してるから、ああ、きっとみんなうまいんだろうな、と俺も信州男児らしく黙ってもぐもぐしていたら、覚醒した。出汁(スープ)、うめー (・∀・)!
一体なにがここまでスープをうまくするのだろう?と考えていたら、いつの間にやら俺も素直に黙々していた。このスープこそが『蟻月』のもつ鍋の醍醐味じゃなかろうか。具については好き好きだろうと思う。俺は最後には、もっと喰わせろという状態に至っていたけど。

「若鶏の唐揚げ博多秘伝のタレ仕込み」
ふつ~。自信があるなら、あまり品名を長くしなくてもいいのでは?と毒づいてみる。

「白のもつ鍋(みそ風味)」
スープ、濃いい (・A・)v とんこつスープを煮詰めた結果のような濃厚どってりスープ。これも好き好きだな。冬場に澗酒といったら、こってりが苦手な俺も感想が変わってしまいそうだけど、まあ、どっちにしろ喉は渇くな。スープについてはそんな印象だったけど、全体のバランスがとれているのは、大量にぶちこまれたニンニクとこってりぷにぷにのもつゆえか。見事ではある。

「博多名物かしわおにぎり 二個」
MA の食後の軽い食事らしい。

「チャンポン」
トイレから戻ると「白のもつ鍋(みそ風味)」にチャンポンを入れてみな楽しんでいる。こいつらどこまで飢えてんだろうと、毎度毎度飽きれる。俺はもう喰う気がなかったのだが、

 みんな:ローメンみたいだよ!
 桜ん坊:(メ▼д▼) 伊那谷名物なめんじゃねーぞ!
 嫁:(・∀・) ほんとだって!

ということで、ちこっといただいてみた。

 桜ん坊:うお!ローメンみてーだ (▼皿▼メ)!

「黒胡麻豆乳アイス」
もつ鍋のあとに、心が洗われるような味だわね。

「かき氷 宇治金時」
バケツサイズは言いすぎだが、氷の山は驚くデカさだった。ひとりふたりで頼んでいたら撃沈していただろう。このレポを書いているのが、2007/7/8 という日付のためよく覚えていないのだが、とても食感が不思議だった気がする。さらりというか、淡雪のようというか。

「熊本名物いきなり団子二個」
中はお芋だったかな?なにがいきなりなのかさっぱりだったけど(先のカキ氷こそ「いきなり」系だと思う)、しみじみとお茶で一服したいスローフードってな感じだった。

これだけ食べて、ひとりあたり 5000円くらいだったろうか。安いし、存分に美味しく、まんぷくできた。が、帰りの電車や高速バス内で漂う臭いがちと弱りものであった。バッグに移った匂いは数日取れなかったし。せつない (・A・)v

覚書:
帰りの電車の中で、大したラッシュでもないのに関東の混みようにマジカルチャーショックを受けてた>嫁
※ マジカル・チャーショックではない>all
帰りのエスカレーターで、左に立つ理由がいまいち理解できなかった>嫁
東京はまたいずれな>嫁(この翌週、用事があって連れていったがよ


関連リンク:
□ メニュー抜粋 by 桜ん坊 ゜+.(・∀・)゜+.゜

◆ 写真 ◆



店外


「赤のもつ鍋(しょうゆ風味)」


「白のもつ鍋(みそ風味)」


「国産黒毛和牛レバー刺」


「とろとろ半熟ニラ卵とじ」


「かき氷 宇治金時」
メニュー抜粋(2007/06/16)
もつ鍋
赤のもつ鍋(しょうゆ風味)1260 yen
白のもつ鍋(みそ風味)1260 yen
金のもつ鍋(ポン酢風味)1260 yen
鍋の後のおたのしみ
モツの追加998 yen
野菜の追加578 yen
五島うどん 一玉315 yen
チャンポン 一玉315 yen
雑炊セット578 yen
一品料理
国産黒毛和牛レバー刺893 yen
熊本直送霜降大トロ馬刺1890 yen
豚タン燻製黒胡椒風味840 yen
酢もつ578 yen
博多がめ煮578 yen
お母さんの鶏クリームコロッケ 一個263 yen
たっぷりネギと明太の玉子焼き630 yen
とろとろ半熟ニラ卵とじ578 yen
サクサクレバーとニラの黒胡椒炒め683 yen
博多名物かしわおにぎり 二個420 yen
こしひかり土鍋飯 二合683 yen
甘味
黒胡麻豆乳アイス420 yen
わらび餅和三盆の黒みつかけ525 yen
かき氷 宇治金時525 yen
飲み物
ザプレミアムモルツ 生ビール630 yen
ウーロン茶315 yen
緑茶315 yen
※ メニュー及び料金変更に関する一切の責任を負いません (:D)┓モコ