美喜ずし

【電話番号】0768-22-3078
【営業時間】1600-2230
【定休日】月曜日
【住所】石川県輪島市河井町5-228

2013/06/13 煙が身に沁みて

『寿司処 伸福(しんぷく)』に予約電話を架けたら、
6/12-13 は改装中ナリってメッセージが流れた。
そんで翌日伺う予定だった『美喜ずし』さんに行くことに ≡(「・∀(「・∀・)「
美喜ずし(石川県輪島市;地物が喰える鮨屋)の料理の写真とか

地元に根付いた雰囲気を感じる店内じゃ、
愛想好い大きな声でいらっしゃい!
なんて物はなく、
寧ろほぼなしというか、
ああ、こういうタイプの店かと落胆しつつもふたりですとはっきり伝えると、
お好きなとこへどうぞ的な小声の返事。
厨房にでも入ろうかしら?

その後も一貫してこちらからの問い、注文に対して、
こちらが求めている返事らしい返事は碌になく、
ビールを頼めばジョッキは泡でぐしょ濡れで、
気遣いの微塵も感じられない店なのに、
ラミネート加工の真新しいメニューは
英語、中国語の簡体と繁体、あとなんかの記号らしきものとを揃えてあるが、
純粋に日本語だけのメニューはなし。
それを確認すれば、おばあちゃんがどれも同じだと言う。
ああ、各国語の下に日本語の解説文がある。
これを読めってか。
これを読めっていう意味なのか?
美喜ずし(石川県輪島市;地物が喰える鮨屋)の料理の写真とか

カウンターには中年かぽーx2と三人組のリーマンが座っているが、
漏れなくスモーカーのようで、
いつまでも煙たい店内 @@@@ (´д`メ)y-~~~
鮨屋の看板降ろして、居酒屋やれよ。
やにがくそくせえんだよ。

お通し
美喜ずし(石川県輪島市;地物が喰える鮨屋)の料理の写真とか
もずく酢。
太くてしゃっきりしていて、
今まで食べた中で一番美味しいとの嫁談。
くそったれ。

海老味噌
美喜ずし(石川県輪島市;地物が喰える鮨屋)の料理の写真とか
これもお通しか?
蟹味噌を繊細にしたようなもので旨い。
凄く旨い ゜+.(・∀・)゜+.゜
くそったれめが。

刺身の盛り合わせ
美喜ずし(石川県輪島市;地物が喰える鮨屋)の料理の写真とか
メニューにないものはなにがあるか訊ねたら、
刺身と酢の物と言うので、刺身の盛り合わせを二人前頼んだ。
特に印象に残る魚はなかったか。

さて、
びしょびしょのビールは厭だし、
日本酒を飲みたくなったがリストがないし、
壁には焼酎とビールのポスターがぺとぺと貼っているだけだし、
質問したってどうせ要領を得た回答はなさそうだし、
変な本醸造酒が出て来たら適わないし、
純米すらなさそうな気がするのでお茶をもらった (:D)┓チャー
美喜ずし(石川県輪島市;地物が喰える鮨屋)の料理の写真とか


美喜ずし(石川県輪島市;地物が喰える鮨屋)の料理の写真とか
酢の物はなにがあるか訊ねたら、
盛り合わせか、あとは蟹だと言うので後者を注文。
柔らかでふわふわで甘くてジューシー ゜+.(・∀・)゜+.゜
美喜ずし(石川県輪島市;地物が喰える鮨屋)の料理の写真とか

だども、俺は手が汚れる食べ物を嫌うので、
店側で蟹味噌と和えて出してくれた物以外(つまり脚)は、
嫁がほじほじしながら食べていた。
美喜ずし(石川県輪島市;地物が喰える鮨屋)の料理の写真とか


美喜ずし(石川県輪島市;地物が喰える鮨屋)の料理の写真とか
お薦めを二人前と頼んだら、
地物を二人前で良いかとおばあちゃんに訊ねられる。
いや、お薦めをって言ってんじゃんと思ったが、
寛大な俺ははいと答える。
俺らは旨ければ、冷凍でも県外でもかまぼこでも構わないのだよ。
美喜ずし(石川県輪島市;地物が喰える鮨屋)の料理の写真とか
美喜ずし(石川県輪島市;地物が喰える鮨屋)の料理の写真とか
美喜ずし(石川県輪島市;地物が喰える鮨屋)の料理の写真とか
鮨で旨かったのは鯖のみ。
お鮨が来る前に腹が膨れてしまっていたが、
それでもせっかくなのでと鯖を別途オーダー。
嫁にはいくらを。

こんな内容の能登半島初の夕飯は 8500円。
あらお安い! (人∀・)

とは思うけど、
味は値段相応だなとも思う。
店内誰もが接客ぞんざい過ぎだし。


桜ん坊の脳内開示情報ー!:能登半島ぐるり 初日(鮨を喰う+千里浜を走る) - 2013/6/13(木)