Pao(パオ) 高遠店

【閉店】

【電話番号】0265-(・△・?)
【営業時間】(・△・?)
【定休日】(・△・?)
【住所】長野県伊那市高遠町;ショッパーズ高遠食彩館内

2005/01/15

俺を上等な気分にしてくれるパン屋さん。どのパン喰ってもハピネス降臨。

パンを焼いてるあんちゃんはいつだって無愛想だが(挨拶はするよ)、それは職人気質と受け止めている。俺が寛大になるほどにうまいのだ。天気のいい休日にはここでパンを買って、てくてく連れと公園へ散歩。焼きたてタイム狙って行くと、ほこほこ温かくて極上もん ☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ

実は高遠に住み始める前に物件見に来た帰り、ここでパン買って、それ喰って、移り住むことにしたのだよ。そんで今やどっから見ても高遠っ子(どんなだよ)。ふっ、来年にゃ伊那市民だがな (-_-メ) ナンカネ

ここのバイトの子って入れ替わり多いけど可愛い子ばっかり。でもバイト全員に共通して超トロイ。てきぱきやれや (-_-メ) オラオラ

ベタ惚れなのにけなし文になちまった。好きな子いじめる、あれな心情だな。(・∀・) うぶー!


2005.07 パン屋再襲撃編

再襲撃と言ったって、しょっちゅう買いに行っている。ちょっと村上をパクりたかったのだ。さて、以前このサイトに掲示板なるものが存在したときに、2005/1/15の記事についてパン屋のあんちゃん本人から書き込みがあった。詳細は覚えていないが真摯的に受け止めるという内容だった。それから『パオ』に行くと実際態度は変わっていて柔和に努めようという姿勢が見えたことに感心した。でも継続しないことには意味がない。だから即座にそのことについて記述するつもりはなかったのだが、この半年見てきてその姿勢はずっと継続されている。で結論、

この人すごくまじめだ (Φ∀Φ)

そもそも先の記事にしたところで悪く書いたつもりはまったくなかったのだが、冗談として受け止められていない部分があったようなので、ここにその後の報告として記述させていただく。

いちお味についてだが、家から近いというだけじゃ俺は同じ店に何度も行かない。つまりここはなかなかハズレくじを見せない優良パン屋ということ。


2005.10 あたたかいパンが食べたい編

2005/10現在、ラッピングされたパンは陳列されているけれど、いつ行っても誰もいない。みんな辞めちゃったのかな。人がいないと店は冷たくて、ぼくはパンを買わなくなった。


2005/12/02 撤退編

無人状態になって久しい高遠店だが、どうやら完全に撤退したらしく、代わりにみはらしファームの『麦の家』というパン屋が入っていた。これも営業形態は無人販売で行くようだ。その味の評価は買ってないからできないや。

いろんなものが、俺から奪われていく。


◆ 写真 ◆



「ぱん」