かね貞

【電話番号】0265-(・△・?)
【営業時間】(・△・?)
【定休日】(・△・?)
【住所】長野県伊那市;アピタ伊那店内のお惣菜コーナー

2005/06/26 before Monday編

俺の日曜日のつまみはここで買う。既に習慣。
 「にぃちゃんふたつで500円だよ!」
 「うーん。ふたつは食べれないんだよね」
 「じゃあ、好きなの250円にしてあげるよ!」
 (・∀・) YEAH!
とおばばとの会話が楽しいのも理由だ。対面商売において大切なポイントだ。そして俺はそれに引っ掛かっている(^▽^笑)

「どれ買っても美味しいよ」とここのおばばはいつもシャウトする。調子のいいウソがはびこるこのくそったれな世界で、俺は一度も騙されたことがない。天邪鬼な俺は大して好きでもないツミレやはんぺんを買ってみたが、今まで喰ってこなかったことを後悔する(ことが多い)。

今日買った「えびカツ(とうふ入り)」(360円)はそのまま喰っても食材の甘味で十分いけるのだが、ぽん酢野郎の俺はお気に入りの昆布ぽん酢で喰らう。ビールを飲む → 喰らう → 飲む。しあわせエンドレス。いや、終わらないと体脂肪急上昇か。。このままで十分うまいのだが、どうしても加工系お惣菜独特の油っこさはあるので、これが大根おろし+ポン酢だったらさらに極みを見れるだろう。

「いわしごぼう」(300円)はおばばのアドバイス(いつもなにか小耳に知恵を与えてくれる)に従って和がらし+醤油につけて、フォークとナイフでザク+ばくっと喰らう。つみれ独特の香りの壇上でひじきとニンジンが軽やかに舞いやがる。(・∀・) 味わい高し!でも、油っこさは後半気になりだす。油抜きしちゃまずいかや。

しかし、こういうときほど酒飲めない奴らの不運を感じるときはないな。

※ ぽん酢:焼き魚、冷奴、おひたしと、桜ん坊はすべてぽん酢ぶっかけます。正確には「味付けぽん酢」だけどねと、シッタカ野郎の無言の攻撃に対する防衛線を張っておく。


◆ 写真 ◆



「えびカツ(とうふ入り)」