黒こくや

【電話番号】0265-82-3995
【営業時間】1100-2500
【定休日】年中無休
【住所】長野県駒ヶ根市上穂北145;アクセスロード沿い

2005/08/27 伊那家者さん編

(・∀・) 伊那家者さんよりご提供いただいたレポートー!

こんな不可思議な話を聞いた・・・
「黒い麺のラーメンを食わせる!」
な、なんだってー ∑( ̄□ ̄;)!
コレは腹黒い伊那家者にぴったりじゃないか!是非食せねば!(笑
と、いう事で駒ヶ根にオープンした『黒こく屋』に行って来ました!(゚∀゚) アヒャヒャヒャヒャ

店の雰囲気は、『じゃげな』と同じグループと言う事だけあって、なんか「木」
いや、なんか同じような店構えのラーメン屋がやたらと増えたので、「またかよ」みたいな感じ (-_-;)

店内も『じゃげな』、『風麟』と同じような作り、ご丁寧に置いてある調味料まで同じ(蜂蜜等)
まぁ、他の店とは違い、「黒いラーメン」と言うのを売りにしているみたいなので、早速「黒こく黒めん」(900円)をオーダー
因みに店員が全然水を持ってこなくて、「スイマセン!水くらいください」と言って、やっと水を持ってきました
どうにも『じゃげな』系列は接客がなってないぞ (゚Д゚#) ゴルァ!!

で、出てきたラーメン、確かに麺が真っ黒!
どんな味がするんだろうと、とりあえずスープをすすってみたら・・・・・・・・・・・・・ぬるい・・・・・・スープがぬるい・・・・
もうこの時点で伊那家者の中では「駄目なラーメン」に決定 (#゚Д゚) プンスコ!
冷めたような物、客に食わせるんじゃねーよ!(ノ ゚Д゚)ノ ==== ┻━━┻
ひっくり返した机は元に戻してきただ (・△・?)(by 桜ん坊)

味の方も、八丁味噌の風味が強すぎて「八丁味噌をお湯で溶いて、豚の背油をコレでもか!と浮かべた」って感じ、出汁の味なんてまったくしなかったです
肝心の麺も、「何で黒いの?黒くする必要があるの?」って感じ・・・、墨だかなんだかを練りこんであるらしいですが、味にはまったく関係く、ただ黒いだけ
上に乗っている具やスープの事を考えると、900円と言う半ばぼったくり的な値段はこの「黒麺」のせいかと思われますが、もう一度食べたいと思わせる物ではなかったです・・・・

・・・しかし・・・何にもトッピングしなくて900円とは・・・・・ヾ(´Д`)ノブルジョワジー


関連リンク:
□ メニュー抜粋 by 伊那家もん ゜+.(・∀・)゜+.゜

◆ 写真 ◆



「黒こく黒めん」
メニュー抜粋(2005/08/28)
ラーメン
黒こく黒めん900 yen
白こく味噌840 yen
赤こく味噌800 yen
感激とんこく900 yen
激旨醤油870 yen
一押しチャーシューめん840 yen
すっきり醤油630 yen
ギョウザ
スタミナ餃子350 yen
特製餃子420 yen
アルコール
瓶ビール500 yen
生中450 yen
生大700 yen
酎ハイ各種400 yen
※ メニュー及び料金変更に関する一切の責任を負いません (:D)┓モコ