御そば打処 野麦

【電話番号】0263-36-3753
【営業時間】1130-1400(売り切れ次第閉店)
【定休日】火曜日+水曜日(祝日の場合は営業)
【住所】長野県松本市中央2-9-11

2005.12 連れのお誕生祝い(昼)編

(2005/11/下旬、連れと電話にて)
桜:お誕生日なに食べたい?
連:(・∀・) お蕎麦ー!

まだ言うかー! (ノ`д)ノ~┻┻
(参照:『安曇野 翁(北安曇郡池田町)』の2005/11/18の店評)

桜:こないだ連れてってやったろうが。
連:・・・うん。
 (かなり略)
桜:いいや、俺が決める。

とは言え、お願いされると弱いもんで、仰せのとおりお蕎麦屋さん連れて行きました。(お昼にね)
☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ

 --------------- --------------- ---------------

杉浦日向子の本にも紹介されている『野麦』に行ってみた。
ここは、松本の有名店なので俺も一度は暖簾をくぐりたかった。

11時半入店。
当然、客はうちらだけ。
どこの蕎麦屋よりも丁寧な接客を受けて、奥の席に座る。
噂では、ここは小沢征爾席らしい。
当然、杉浦日向子席もあるのだろう (^▽^笑)

平日の昼なんて空いてるもんだわなと思ったのはほんの一瞬。ばたばたと席は埋まり、相席当然状態(テーブルみっつしかないだ)。外の通り歩いている奴なんて、ほどんどいなかったのに、どっから沸いて出ただ (・△・?)

ほとんど待たされることなく、連れの「かけそば」(1300円)と俺の「ざる(大盛り)」(1300円)がやって来た。

連:(・∀・) すごーい!ざるだよ!
桜:ざる頼んだからね。
連:(・◇・) ・・・
桜:はいはい、立派なざるだな。
  俺らが普段目にするのは蒸篭(せいろ)ってんだ。
連:せいろ (・△・?)
桜:そう、蒸篭。四角い奴だよ。蕎麦伸びるから、もう講釈はかにな。

さて、九割の細打ち麺ということだが、この蕎麦あちこちささくれてんぜ。
もしかして、包丁へたっぴ (・△・?) ネェ
それとも、手打ちを強調したくてわざと (・△・?) ソレ, ゲス
口の中では、ほろほろと崩れていくし。
なにこれ (・△・?) サイアク
美味しくない。
もう来ない。

店の雰囲気も接客も清楚で心地よいのだけどね。


関連リンク:
□ メニュー抜粋 by 桜ん坊 ゜+.(・∀・)゜+.゜

◆ 写真 ◆



店外


「ざるそば(大盛り)」


ざるに付いてきた切干大根
辛目の薄味


「かけそば」


湯桶(ゆとう)
・・・いや、桶じゃないか。
メニュー抜粋(2005/12/08)
蕎麦
ざるそば(一人前)1100 yen
同上(大盛り)1300 yen
かけそば(冬季限定:11/末~4/中旬まで)1300 yen
日本酒(岩波)(一合)600 yen
ビール(アサヒスーパードライ中瓶)600 yen
※ メニュー及び料金変更に関する一切の責任を負いません (:D)┓モコ