旗挙げそば 源氏

【電話番号】0264-24-2600
【営業時間】(・△・?)
【定休日】水曜日
【住所】長野県木曽郡日義村4398

2006/03/19 saehisaさん編

(・∀・) saehisaさんよりご提供いただいたレポートー!

権兵衛トンネル開通記念,木曽侵攻の巻

以前の権兵衛峠越えの面影もなく,新しいトンネルはあっという間に国道19号に接続する.国道19号を南下すること20分弱,左側に『旗挙そば 源氏』が見えてくる.開店直後だったせいか,駐車場が広々使える.駐車場は店の脇を一段おりたところだから,見逃さないようにしよう.

店に入ると客はまだだれもいない.店内には余分な仕切りがなく,がらんとだだっ広い空間.土間には10卓あまりのテーブル席,座敷席は仕切りがなくテーブルがならべられただけだ.個人的な印象は近所の公民館って感じ.どこに座るかちょっと迷って窓際のテーブル席に陣取った.客席から厨房にうずたかくつまれたせいろがよく見える.学食とかスキー場の食堂みたいだ.

おねーちゃんが注文とりに来た.3月とはいえまだまだ寒い季節,たまには温かい蕎麦もいいかと思い「すんきそば」を注文した.「すんきそば」には以前から興味を持っていたのだが,いまだ食べたことはない.しかし,ねーちゃんはしばし重苦しい沈黙を続ける.「もしかして終わっちゃった?」「・・・はい・・・」.ぬかった.「すんきそば」は冬期限定と書いてある.俺の中ではスタッドレス脱ぐまでは冬期なんだが・・・木曽の冬期ってのは思ったより短いらしい.

気を取り直して「ざるそば」にする.「ざる」も「盛り」も値段は一緒だった.相方はたねものの「鳥南蛮そば」を頼んだ.
しばらく待つと「ざるそば」が登場した.ちょっと太め,やや黒味の強いそばだ.以前木曽の別の店でそばを食べた経験から,挽きぐるみはざらざらしてちょっと・・・と思っていたのだが,なかなかどうして,意外に喉越しよく食道に入っていく.つゆも適度な甘さでいい感じ.とりあえずあっという間に2枚を食べ終わった.1人前2枚あるのもうれしいね.

途中相方の「鳥南蛮そば」の食べかけを奪い取る.んん!これは!そばの歯ごたえはこっちのほうがいい!鳥肉も強い味で,ただのブロイラーじゃない気がするぞ.木曽のそばにはかけそば系のほうがあうのかもしれないな.
(・∀・) おー!いい感じだー!(by 桜ん坊)

11時30分を過ぎると駐車場に車が続々と押し寄せ,店も混雑し始めた.そこそこのところで店を後にする.

更科マンセー,ざるそばマンセーのおいらの先入観を打ち砕いた一店でした.開店直後の打ちたてそばだったからうまかった可能性も否定できないけど・・・

あ,駐車場からは国道19号に直接出るので,気を付けないといけない.国道19号って交通事故多いからね.
(・∀・) みんな気を付けよー!(by 桜ん坊)


関連リンク:
□ メニュー抜粋 by saehisaさん ゜+.(・∀・)゜+.゜

◆ 写真 ◆



「たぬきそば」


薬味
メニュー抜粋(2006/03/19)
そば
ざるそば1050 yen
とろろ芋付 ざるそば1205 yen
たぬきそば630 yen
卵とじそば840 yen
鳥南ばんそば1100 yen
すんきそば(冬期限定)840 yen
お飲み物
地酒 七笑(清酒 1合)420 yen
地酒 七笑(原酒 1合)575 yen
ビール(大瓶)650 yen
※ メニュー及び料金変更に関する一切の責任を負いません (:D)┓モコ