Comachi Cafe 屋(コマチカフェ屋)

【電話番号】0265-83-2188
【営業時間】1100-2300(Last order 2200)
【定休日】木曜日、第3水曜日
【住所】長野県駒ヶ根市赤須町18-5

2007/01/07 くそうめぇ編

あまり洋食を好まないのだが、評判の高さに負けて週末訪れることを決めた。したら大雪来やがった。それでも、そんなドカ雪ん中、喰いに行く価値の見出せる店。実際すげーよ。

「チーズ入りハンバーグ(デミグラスソース)」(1150円)
ハンバーグはえらく硬くナイフが通らないが、連れ曰く、ナイフが切れないのだそうだ。それはフォローになってないぞ>連れ。でも、ふたりともこんぐらがっしりしているハンバーグが好きだ。ハンバーグをうまいと思ったなんて、いったいどれくらいぶりか思い出せないほどの俺には、ただひたすら感動だった。

「オムライス(ホワイトソース)」(1000円)
見事だ。今時に好まれる味・食感・風味・盛り付けを熟知してやがる。

「マロンクレープ」(850円)
満足行く食後にうまいデザートとうまいコーヒーを提供できる店というのは、どこの街でも貴重だな。あとは昼時の店内を禁煙にしてくれりゃ、完璧だがよ。


関連リンク:
□ メニュー抜粋 by 桜ん坊 ゜+.(・∀・)゜+.゜

2007/02/04 DJ Yummy編

嫁が駒ヶ根のだちんとこに遊びに行った。ランチは迷うことなく『コマチカフェ』に直行したそうだ。以下、連れの口頭描写。

 12時くらいに最初行ったらね、こみこみだった。
 そりゃそうだろ。
 カウンター座ってたんだけど、テーブルが空いたから移動したの。
 自分らで店員さんに言ったの?
 ううん、店員さんが言ってくれたの。

そら、お前らにそんな主体性あるまいて。

 なに食べたん?
 (・∀・) じゃじゃーどん!(正式名称:「ピリ辛ジャージャーどん」)
 俺のお昼はプロテインだけだったんだが。
 (・∀・) おいしーじゃん!
 ジャージャー丼ってどんなだった?
 ちんじゃおろーすの、ちんじゃおろーすの・・・ちんじゃおろーすの、ピーマンが少なくなって、
 チンジャオロースを 3回唱えることになんか意味あるんか?
 (^▽^嫁)
 ないのか。
 チンジャオロースのお肉が、あの細切りじゃなくなって、汁が少なくなった感じな奴をごはんにかけた感じ。
 感じ、感じって、お前の説明だと、あんまりうまくなさそーだな。
 それと、サラダ付き。あー、スープスープ。
 スープがふたつもあるのか?
 (・∀・) ちーがうー!
 お得だな。
 (・∀・) ちーがうのー!
 で、味は?
 (・∀・) おいしかった!

それからデザートもしたようだ。

 ぜいたくな奴だ。
 クレープのテイクアウト用の奴をお店で頼んだの → 「苺チョコクレープ」
 お店で頼まなきゃどこで頼むんだよ。はげ。
 (・∀・) がー!
 はいはい。どんな感じだった?
 えとね、テイクアウト用のクレープが、クレープがあ、クレープのー、包んである紙がしゃれてる。
 はぁ、味は?
 味?(・∀・) おいしかったの!
 お前の説明じゃ誰もわかんねーな。
 (ノ`△´)ノ おいしかったのー!
 ・・・(逆ギレかよ)

とにかく美味しかったようだ。

ちなみにお留守番の俺のお昼はプロテイン(ストロベリー風味)+クレアチン+グルコサミン+クエン酸ですた。なにか?


関連リンク:
□ メニュー抜粋 by 桜ん坊 ゜+.(・∀・)゜+.゜

2008/05/25 駒ヶ根サンデイ編

11時過ぎ入店。
てか、店を開けてくれたのが 11:05 過ぎ。
11時回った頃に確認で店に顔出したらもうすぐ開けるとか言ってたけどね、
割りと待たされた。曇天下で手持ち無沙汰の身になれや。
実は 10:50 ころに来てこの状態に辟易した俺らは
いな垣』に変更するか(※)とそちらへ歩き始めていたところで、
オープンしたってわけ。
お待たせしましたとかなんとか云っていたが、
定刻守れよ。遅れてんだから他の言葉があるだろうが。
※ 『いな垣』まで徒歩 1分。

さて、店の中がなにもかも変わっている。
訊くと、今年の 4月に新装開店したそうだ。
益々店名に冠するカフェに期待するとおりに垢抜けた。
あとはアメグラ的なロカビリーミュージックが、
店の雰囲気に如何にミスマッチか、その事実にいつ気付くかだな。

ランチセットのサラダとスープ
俺はキリギリスじゃないから生野菜を食べないので嫁へ。
ひと口食べたが、そのまま付属のサラダって感じだ。

フリードリンクのカフェラテ
嫁のカフェラテ。
フリードリンクなのに凝ってるね、と感心しつつ、
俺の 2杯目にも頼んでみたら装飾なし。
公平に配分できないなら端から止めた方がいいのでは?
俺は悲しみに打ち拉がれた (・∀・)シクシク

さて、11時半も過ぎるとわんさか人が来始める。
満員の店内を見てそれでも予約して行く人、
外から覗いて諦めて帰る人、
いずれも結構な数。
されど女性客が多勢を占める店内。
喰うよかおしゃべり、
喰い終えてもおしゃべりで回転すっげーわりーの。
その上、女 13人集まって超かしましい。
静かなのは会話のないうちらの席。
話さずにいられるふたり (・∀・)v

「ハンバーグ デミグラスソース」(ハンバーグランチ)
ハンバーグ、ぱっとせず。
他所の店に比べればうまい方だけど。
そして、コクだけのソース。
以前喰ったときのあの感動はどこに行ってしまったのだろう。

「オムライス ケチャップ」(オムライスランチ)

ナイフでオムレツを広げるとこんな感じ ゜+.(・∀・)゜+.゜
お昼がランチセットのみになったためだろう、
ソースに選択肢がなくなった。
週替わりでソースが変わるようだが。
夜なら選択できるのだろうか?

話が前後するが、
ランチタイムはメニューが A4 1枚のものになっていた。
(裏は、ランチセットのオプション(フリードリンクとデザート)の説明)
これはあんまりじゃないかと、
戦々興々デザートの注文ができないかお願いしたら
ティータイムのメニューもくださった。
イレギュラーなのかな。
ともあれいえい (・∀・)v
デザートが出てきた頃にはえらい混みようだったので、
ご迷惑掛けたかなと恐縮する羽目になったが、
嫁は気にせずマイペース。
いいなお前。

 あちゃん、クレープ食べちゃっていいだ (・△・嫁)
 いいよ。
 (・∀・)♪
 ゆっくり食べな。
 (・∀・) うん
 でも早めにな。
 (・∀・) わかった~

「木の実のブラウニー」
胃にずしりと来るほどに濃いい。
ウィスキーがあれば、じっと楽しみながら食べられるのだが、
本日の相棒は薄めのコーヒー。
隣の女の子集団がデザートに興味を持ったか、その視線が痛い。
その生足も眩しい。とき、乳から上はモザイク (:D)┓ペコリ

「Comachi スペシャル」(クレープ)
今まで再三云って来たが、
桜ん坊、クレープ好きくない (^▽^桜)
美味しそうだから頼んじゃうんだけどね ((^▽^桜))
でも、嫁が好きだからもーまんたい (・∀・)v

久し振りに過ごした駒ヶ根の日曜日のランチはこげな感じ。


関連リンク:
□ メニュー抜粋 by 桜ん坊 ゜+.(・∀・)゜+.゜

◆ 写真 ◆



店外


店外風景


店内


「オムライス(ホワイトソース)」


「オムライス(ホワイトソース)」からふわふわたまご


「チーズ入りハンバーグ(デミグラスソース)」


「木の実のブラウニー」


「Comachi スペシャル」(クレープ)


「マロンクレープ」
メニュー抜粋(2007/01/07)
Pasta
ボローニャ風ミートソース800 yen
トマトとモッツァレラのトマトソースパスタ950 yen
エビとベーコンの青じそ風味パスタ900 yen
和風カルボナーラ900 yen
エビとホタテのトマトクリームパスタ1000 yen
ごはん
オムライス(トマトソース、ホワイトソース、デミグラスソース)1000 yen
ポークの香草パン粉焼 デミグラスソースがけ1050 yen
チーズ入りハンバーグ(トマトソース、デミグラスソース)1150 yen
チキンのマスタードチーズ焼き トマトソースがけ1050 yen
チキンのガーリック焼き1050 yen
エビツナピラフ900 yen
丼ぶり
ピリ辛ジャージャー丼950 yen
イタリアントマト丼 目玉焼きのせ950 yen
和風唐揚げ丼950 yen
ロコモコ丼1150 yen
グラタン・ドリア
たらことじゃがいものグラタン850 yen
ホタテとアスパラのスパゲッティーグラタン900 yen
エビのドリア900 yen
サラダ
トマトと青じそのシーザーサラダ700 yen
トマトとモッツァレラの生ハムサラダ900 yen
秋・冬限定デザート
マロンパフェ800 yen
マロンクレープ850 yen
飲み物
ブレンドコーヒー350 yen
ロイヤルミルクティー450 yen
黒蜜きなこミルク550 yen
抹茶小豆フロート700 yen
柚子スカッシュ600 yen
生ビール(中)600 yen
デザート
ブラウニー550 yen
あずきアイス550 yen
Comachi パフェ850 yen
クレープ
和風抹茶クレープ750 yen
Comachi クレープ850 yen
※ メニュー及び料金変更に関する一切の責任を負いません (:D)┓モコ