ごはんどころ ぶらり亭

【電話番号】0265-76-9665
【営業時間】1130-1430, 1730-2130
【定休日】火曜日
【住所】長野県伊那市伊那5913-2;勤福(きんぷく)前

2008/03/08 七穀でそ?編

勤福傍にできたお店。この辺を通る機会はとんとないのだが、広告にオーラを感じてレッツラゴー。

「あっさり塩カツ丼」
揚げ立てで衣ざっくり。
肉はにくにくした食感があるくせにジューシーで柔らか。
コンフリクトしがちな食感が両立している。
わけわからんがうまい。
三枚肉を何層も重ねたらこんな感じになりそうだが。
いや、ならんか。

カツに味付けはほとんどなし。
塩カツとはいえこげな薄味はまいったな、
と思ったが、
このカツを廻りの味付け海苔と五穀米に絡めてほおぼると、
お口の中でファンタジー (・∀・)!
揚げたての少しオイリーな感じと五穀米の深みあるがさっぱり味がまざってゴートゥヘヴン。
◇゚)ノ うめー、うめー

五穀米っちゃあまり意識して喰ったことなかったが、いけるな。ここのがいいのか、一般的に美味いのかは知らんが。メニューによると五穀米に使用されているのは、赤米、蕎麦米、もちきび、緑豆、丸麦、押し麦、そして白米。これ、七穀あるよね (・△・?)

「とるこらいす」
カツとドライカレー、それにナポリタン。大人のお子様ランチっつてもよ、と思ったが、いけるいける。うまいうまい。でも、美味いのはトルコライスというより、店の技量が成した結果だろうがね。
こいつに付いてるナポリタンは昔ながらのあれだった。しかし、ナポリタンに限っては、イタメシ普及の現代においてもアルデンテである必要はないように思える。ってか、やわらくて上等。(※)
ところで、これも五穀米使ってた。これめっちゃ合うだよ。頼もしい奴。
※ イタリアにナポリタンなるものは存在しないそうだ。つまり、ミートソースはイタリアじゃボロネーゼと呼ばれるが、ナポリタンにはそのお相手がいない。アマトリチャーナとかいうのが近しい存在のようだが、2秒後には忘れてしまうような名前じゃ、友達にはなれない。

食べ終えたのを見計らって、コーヒーのサービスをいただきますた (・∀・)v
すみません。ありがとうございます。

お店のねぇさん、やさしいおかんって感じで素敵だし、マスターも元気溌剌で気分よし。勤福横に名店ですな。

※ うちの雑穀米生活は、この日から開始され今に至る。(2008/11/4)


関連リンク:
□ メニュー抜粋 by 桜ん坊 ゜+.(・∀・)゜+.゜

◆ 写真 ◆



店外


店内


「あっさり塩カツ丼」


「とるこらいす」
メニュー抜粋(2008/03/08)
とるこらいす
とるこらいす890 yen
唐あげとるこ790 yen
メンチカツとるこ790 yen
丼物
あっさり塩カツ丼890 yen
他人丼740 yen
ソースカツ丼840 yen
定食、カレー
カレーライス590 yen
チキンカツ定食740 yen
唐あげ定職690 yen
ミックスフライ定食1340 yen
一品料理(夜のみ)
モツ煮390 yen
豚キムチ炒め490 yen
メンチカツ(2ヶ)540 yen
ドリンク
生ビール550 yen
ウーロン茶180 yen
クリームソーダ350 yen
※ メニュー及び料金変更に関する一切の責任を負いません (:D)┓モコ