FUJIMAMAS(フジママズ)

【電話番号】03-5485-2283
【営業時間】1100-2300(Last order 2200)
【定休日】年中無休
【住所】東京都渋谷区神宮前6-3-2

2008/06/29 雨の中、茶をしばく編

ダチに会いに東京へ行った。
中央フリーウェイ♪
東京へ着くと早速御上(おのぼり)メンの俺たちを原宿さ連れてってくれた。

それにしても酷い土砂降り。

この日、i-phone で騒がれた表参道の在日企業内には白い犬がいて、それを見ると皆ちょっとはしゃいでいた。コマーシャルに出ているお父さん?とかなんとか。
犬がお父さん?
かわいいとかなんとか。
なんで犬がお父さん?
お父さん?ってその子供は誰よ?CM を知らないけれど子供は日本人なんてオチじゃないよな?だって、ソフバンのトップってチョンニダだに。誰でも知っていることだから敢えて触れるまでもないだろうが、【犬の子】って下朝鮮で最大級の侮蔑句ニダだによ。
それに誰でも知っていることだから敢えて(ry、こいつら犬使い回した後はスタッフが美味しくいただきましてってにこにこ云うくらいにこの半島国家はガチでわんわんバリバリ食べちゃうそういう種族の集まりなんニダだによ。
犬が嫁に嫁が犬に興味を持っていたが俺はそそくさとその場を離れた。憐れわんちゃんの解体ショウなんて始まったら俺はいったい嫁になにを説明すればいいのだ。俺は興味のない振りをして雨の後をゾマーさんの如く歩いていった。蛮族どもの脅威に震える体を傘で日田すら隠しながら。若者の街とコリアン企業のシュールなコラボは田舎者には刺激が強過ぎる。思い出すと今でも脈がドクトドクトと早まってしまうニダだに。
いやはや、クワバラクワバラタケシマタケシマ。

それからも雨は一向に弱まる気配なく、
目的のごはん屋さんがまだ営業していないこともあって
近場のカフェへ雨宿り。

原宿ってのは奇抜な若者で構成されているのかと思っていたが、
この店は外人ばっか。店員さんもそんなんばっかだし。
さらには若者不在。摩訶不思議。

さて、悩んだ挙げ句、俺はカモミールティー、ゆっきーもなにかのハーブティーを注文。まなびがビールを頼むと慣れぬ東京にいることに興奮している嫁も調子に乗ってビールを注文 → マンゴービール。
店内、『FUJIMAMAS(フジママズ)(東京都渋谷区)』
楽しそうだなお前。

このお店はみんななんか奇妙な料理を食べていた。(※1)
どれも美味しそうだったけど、ほんとになんだここ?(※2)
ドンタコス?、『FUJIMAMAS(フジママズ)(東京都渋谷区)』
ちなみにうちらはドンタコス (・∀・)v

※1、お店のブログは美味しそうなごはんに溢れてる (・∀・)!
※2、『FUJIMAMAS』のウェブページに "Global food with an Asian twist." ってあったは。
※ 『FUJIMAMAS』のウェブページ内ではその読みを「フジママズ」と「フジママス」が混在しているが、うちでは前者で統一しとく。


桜ん坊の脳内開示情報ー!:東京観光膝栗毛


◆ 写真 ◆

ドンタコス?、『FUJIMAMAS(フジママズ)(東京都渋谷区)』

ドンタコス?