そば打ち にっぱち庵

【電話番号】0265-36-2457
【営業時間】1130-1500, 1800-2100
【定休日】月曜日の夜+火曜日
【住所】長野県下伊那郡松川町元大島1447-13

2010/09/11

11時半の開店時刻ちょい過ぎにあたたかく迎え入れられて入店。先客はふたり。小上がりに座らせてもらおうと思ったら、それより先にカウンターか奥のふたり用席を勧められる (・A・)チィ そして、俺の後に入店してきたふたり組は小上がりへ。お店で遭遇したくない一連の流れのひとつ。でも、奥のふたり用席は素敵な空間だった (・∀・)♪ 設えが垢抜けているのにあったけーのよ。
そば打ち にっぱち庵(下伊那郡松川町)の料理の写真とか

メニューは書き方が少々煩雑。"期間限定" と "期間お休み" が混在しているので見づらい。季節物は通常メニューに載せなきゃいいのに。俺は馬鹿だから誤って「すり芋の揚げだし」を注文。これは 9月末までお休みとのこと。で、がっくりしたらおかんにおたぐりなんて勧められたわけだが、蕎麦手繰りに来てんのにおたぐりはねーだろ!w と返すと笑っていた。いや、もしや手繰る繋がりか!( ゚Д゚)!! いんや、それはない。他にも「行者とうふ」とか、蕎麦一筋的な雰囲気のお店なのに、寛容なのか無考えなのかにおいの強いものが平気で置いてある。まあ、観光客商売じゃなししゃーないのか。季節物に話を戻すと、壁に 12月~6月限定の蕎麦の短冊が貼ってあったりして(9月, now)、気遣いがあるようで、案外ぞんざいな店だよな。品目少ないならいいけど、客惑わすような情報提示はすんなや。混乱の元だ。

「とろろそば」+「大盛り」オプション
そば打ち にっぱち庵(下伊那郡松川町)の料理の写真とか
そば打ち にっぱち庵(下伊那郡松川町)の料理の写真とか
汁(つゆ)は控えめな甘め。出汁の香りが立つのを抑えつつも、引き立てるような背反が或る (・∀・)フクイク

一方で、肝心の蕎麦は硬く、乾いている。ぼさぼさではないのだが、うまいもんじゃない (・A・)カピカピ 大盛りを注文したため、ざるを二回に分けて出してくれるという、そういう気遣いすらあるのに、何故に昼に食べ損ねたおかんの蕎麦のように乾いているのか?
そば打ち にっぱち庵(下伊那郡松川町)の料理の写真とか

「ひやしたぬき」
そば打ち にっぱち庵(下伊那郡松川町)の料理の写真とか
汁を掛けるせいで俺の「とろろそば」のようにはかぴかぴではないが、美味い蕎麦じゃないね。季節的に一番ひどい時分とは云え、価格の半分にも値しない。自分で打った蕎麦を食わんのか?

そば打ち にっぱち庵(下伊那郡松川町)の料理の写真とか

会計時におかんにお釣りで渡された複数枚の札は、各々の上下裏表は揃っておらず、角が折れていたりしていたのだけれど、お店を出るときには厨房の方たちから何度も「ありがとうございました」の挨拶をいただいたわけで、食堂と今時の蕎麦屋が混在しているような感じだった。居心地はまあよかったのだけれど、あの蕎麦をまた食べようとは思わない。


今宮郊戸八幡宮秋季祭典だったりとか(飯田市) - 2010/9/11(土)


関連リンク:
□ メニュー抜粋 by 桜ん坊 ゜+.(・∀・)゜+.゜

メニュー抜粋(2010/09/11)
伊那谷産 あら挽き
ざるそば790 yen
大ざる1000 yen
とろろそば1000 yen
ひやしたぬき950 yen
季節の天ざる1390 yen
その他
やきみそ350 yen
すり芋の揚げだし(7-9月末日までお休み)490 yen
天プラ饅頭(二ヶ)390 yen
蕎麦の実コロッケ(12月-3月限定)500 yen
はざかけのそばがき(12月-6月末日限定)1000 yen
春の山菜三種天プラ(3月-5月限定)650 yen
秋の味覚ホイル焼き(10月限定)1890 yen
※ メニュー及び料金変更に関する一切の責任を負いません (:D)┓モコ