旬魚酒祭 五郎 万代店

【電話番号】025-241-5601
【営業時間】1730-2530
【定休日】年中無休
【住所】新潟県新潟市中央区東大通2-3-15

2010/12/28

北海道旅行を開始する前に新潟で前泊(新潟港から船で小樽を目指す)。ホテルに着いてからお店に電話をして、カウンターの席を確保 \(・∀・)/ 運良く入れ違いで空いてくれていた模様。他の席は既にいっぱいの満員御礼。

お通し
旬魚酒祭 五郎 万代店(新潟県新潟市)の料理の写真とか

「のっぺ」
旬魚酒祭 五郎 万代店(新潟県新潟市)の料理の写真とか

「メガニ甲羅詰め」
旬魚酒祭 五郎 万代店(新潟県新潟市)の料理の写真とか

「アオリイカ」
旬魚酒祭 五郎 万代店(新潟県新潟市)の料理の写真とか

「のど黒 2種盛」
旬魚酒祭 五郎 万代店(新潟県新潟市)の料理の写真とか

「赤鶏の砂肝鉄板焼」
旬魚酒祭 五郎 万代店(新潟県新潟市)の料理の写真とか

クーポンでいただいたサービス品
旬魚酒祭 五郎 万代店(新潟県新潟市)の料理の写真とか

「大五郎めし」+サービスのお味噌汁
旬魚酒祭 五郎 万代店(新潟県新潟市)の料理の写真とか

お通し 2nd
旬魚酒祭 五郎 万代店(新潟県新潟市)の料理の写真とか
お通しが美味しかったのでお代わり (・∀・)♪
したら、結構高かった(笑)

店内はここぞ居酒屋!という具合の活気+熱気 with 強烈紫煙臭。店員さんたちは皆快活で素早く丁寧+気配り上等 except for 厨房で一番偉そうな中年手前のにいちゃん(を除外して)。酒は旨いし、魚はこれほど我が県と差が出るのか!というほど旨いし(特に刺身)、まあ肉料理はぼちぼちつかいまいちだったけど、素晴らしい空間だった。

そして、今回の北海道旅行で、一番お魚の美味しいお店でもあった (^▽^魚)


◇ 本日のイチ押し!(抜粋):
・真鱈の白子 天プラまたは松前焼 700円
・佐渡カキ フライまたは天プラ 600円
・メガニ甲羅詰め 900円
・のっぺ 350円
・ホッキ貝しょっつるバター焼 600円
・のど黒姿焼 2120円
- お刺身
・のど黒 2種盛 880円
・寒ブリ 900円
・活〆アイナメ 700円
・メジマグロトロ 800円


桜ん坊の脳内開示情報ー!:北海道道中記、①(とき、新潟へ) - 2010/12/28(火)