おれの小樽運河

【電話番号】0134-25-4343
【営業時間】1100-2000 * 【定休日】年中無休
【住所】北海道小樽市港町5-4

2011/01/01

函館から小樽に戻り、ホテルに行く前に運河沿いのこのお店に入る。近所の駐車場はやけに高いが、正月の間管理者不在のため無料という駐車場があったのでそこにジムニーを置いてきた。正月の閑散とした建物の奥にある広い食堂内には、毛唐人のグループ一組のみ。中央には回転寿司のコーナーがあるが、客がいないせいか何も廻っていない。そもそもベルトコンベアが動いているかも怪しい。

席は小樽の運河の見える位置にしてもらえた (:D)┓モコ この日は寒さのせいで食後に街を散策することはなかったので、ここで眺めた運河が最初で最後になった(翌日、きちんと再散策しましたよっと)。
おれの小樽運河(北海道小樽市)の料理の写真とか

「天丼」
おれの小樽運河(北海道小樽市)の料理の写真とか
ごはんがもっちもち \(・∀・)/
で餅みたいにくっついていて、なんか年寄り向け。
やめてくれや (・A・)

「ホッケ定食」
おれの小樽運河(北海道小樽市)の料理の写真とか
嬉楽Q(きらきゅー)(伊那市)』でホッケづいて以来、嫁はどこへ行ってもホッケを捜し、今回のこの北海道旅行だって嫁の目的は "いくら"と "ホッケ" の二本柱。俺は俺で嫁の目的を完遂することが目的だったりで、これを注文した。背骨のない側を先に俺が手を付け、脂もないし肉薄でいまひとつだと嫁に渡すと、嫁サイドは肉厚の脂のりのーり (・∀・)ノリノリ 美味しそうに頭から尻尾まで焦げた尻尾だけを残して食べきっていた。嫁の感想から『嬉楽Q』のホッケに匹敵するようだが、超えるほどではないようだ。なかなか難しいね。

「若鶏のから揚げ焼き」
おれの小樽運河(北海道小樽市)の料理の写真とか
ぱりぱりで中じゅわっのにくにく。美味。

メニューの安普請さからは考えられないほど美味しかった。もうちょっと見栄え良くした方がよいのでは?と思う。


桜ん坊の脳内開示情報ー!:北海道道中記、⑤(小樽へ) - 2011/1/1(土)