ホテル千畳敷 2612Caféレストラン(ニーロクイチニーカフェ)

【電話番号】0265-83-5201
【住所】長野県駒ヶ根市赤穂1;駒ヶ岳ロープウェイ千畳敷駅隣

2022/3/30 千畳敷にてソースかつ丼・カツカレー・ミートドリア

ちったあ春休みらしいことをしようじゃないかと家族で千畳敷へ。
子、初の駒ヶ岳ロープウェイ (・∀・)人('∀')人(・∀・)ィェィ
ホテル千畳敷 2612Caféレストラン(駒ヶ根市)の料理の写真とか ホテル千畳敷 2612Caféレストラン(駒ヶ根市)の料理の写真とか
千畳敷まで行っても雪が多く残る状況ではなにもやることがなく、まっすぐに『ホテル千畳敷 2612Caféレストラン(ニーロクイチニーカフェ)』に向かう途中、子がセッケイカワゲラを見つける。
一度見つけるとこれが大量にいることに気付く。
ほんとどこでも虫を見つけるなあ。
名前は分からないけど雪の中で生活する虫なんだと教えてくれた。
形状から見てなんとかカワゲラとか言うんだろうと推測したら当たった。> セッケイカワゲラ
ホテル千畳敷 2612Caféレストラン(駒ヶ根市)の料理の写真とか 虫嫌いの俺まで詳しくなっている。
ホテル千畳敷 2612Caféレストラン(駒ヶ根市)の料理の写真とか ホテル千畳敷 2612Caféレストラン(駒ヶ根市)の料理の写真とか
『2612Café』は従業員の応対よく、居心地はよかったが、冬&コロナ禍ということもあってか、昼時だというのに終始 2~3組の客しかおらんかった。
ホテル千畳敷 2612Caféレストラン(駒ヶ根市)の料理の写真とか ホテル千畳敷 2612Caféレストラン(駒ヶ根市)の料理の写真とか ホテル千畳敷 2612Caféレストラン(駒ヶ根市)の料理の写真とか ホテル千畳敷 2612Caféレストラン(駒ヶ根市)の料理の写真とか
「南信州ビール アンバーエール」(700円)
ホテル千畳敷 2612Caféレストラン(駒ヶ根市)の料理の写真とか ホテル千畳敷 2612Caféレストラン(駒ヶ根市)の料理の写真とか 南信州ビールは、下山したら『味わい工房』でいただこうと思っていたのがここでいただけるならと注文。
小さなグラスが瓶の上に被せられて提供され、ここは山の上なんだと再認識させられる。

ホテル千畳敷 2612Caféレストラン(駒ヶ根市)の料理の写真とか ホテル千畳敷 2612Caféレストラン(駒ヶ根市)の料理の写真とか
「ソースかつ丼」(1400円)
ホテル千畳敷 2612Caféレストラン(駒ヶ根市)の料理の写真とか ホテル千畳敷 2612Caféレストラン(駒ヶ根市)の料理の写真とか ホテル千畳敷 2612Caféレストラン(駒ヶ根市)の料理の写真とか しっかり目の肉質のカツ。
> 沸点が低い高山でコトコト煮込んだ自家製ソースを使用しているため、深みのある味わいが楽しめます。
だって。

「カツカレー」(1500円)
ホテル千畳敷 2612Caféレストラン(駒ヶ根市)の料理の写真とか ホテル千畳敷 2612Caféレストラン(駒ヶ根市)の料理の写真とか ホテル千畳敷 2612Caféレストラン(駒ヶ根市)の料理の写真とか 野菜がたっぷり溶け込んだカレーは甘めなのに後口がスパイシー。
下界でもいただきたいカレー汁。

「アルプスミートドリア」(1200円)
ホテル千畳敷 2612Caféレストラン(駒ヶ根市)の料理の写真とか ホテル千畳敷 2612Caféレストラン(駒ヶ根市)の料理の写真とか 自宅のパソコン前で注文を「信州サーモンフライドッグセット」に決めて来た子は、現地で限定ドリアの存在を知るとこれに変更。
> 信州アルプス牛を使用した手作りのミートソースが相性抜群!!
だって。

コーヒーにも並々ならぬこだわりがあるようだ。
ホテル千畳敷 2612Caféレストラン(駒ヶ根市)の料理の写真とか > 「2612プレミアムコーヒー」には中央アルプスの雪解け水と、2612オリジナルブレンド豆を使用。このブレンド豆は、ブラジル産の異なる銘柄を集め、天日乾燥のみによる伝統手法で精製。深煎りに焼き上げ、オーダーを受けた後に挽いて、中央アルプスの雪解け水で淹れさせていただきます。しっかりとした苦みや、やわらかな口当たりが魅惑の風味を呼び込みます。

ホテル千畳敷 2612Caféレストラン(駒ヶ根市)の料理の写真とか ホテル千畳敷 2612Caféレストラン(駒ヶ根市)の料理の写真とか
食後はロープウェイのやってくる時刻まで雪遊びをし、下山したら『駒ヶ根ファームス』で買い物をしたのち、子と苺パフェを食べに『ムーミンパパ』へ。
せっかく『駒ヶ根ファームス』にいるのだから「すずらんソフトクリーム」を食べたかったのだけど、子はすっかりパフェ気分だったw

ホテル千畳敷 2612Caféレストラン(駒ヶ根市)の料理の写真とか ホテル千畳敷 2612Caféレストラン(駒ヶ根市)の料理の写真とか

2008/10/05 雲の上でランチ編

駒ケ岳ロープウェイにぶら下がって千畳敷カールへ紅葉を見に行った。ここには日本一高い(場所に建つ)ホテルがあるらしいのだが、どこにあるのだろう?と思ったら、自分のいるところがホテル(『ホテル千畳敷』)だったみたい (・∀・)ヘー さて、カールを散策。
ホテル千畳敷(駒ヶ根市)の料理の写真とか ホテル千畳敷(駒ヶ根市)の料理の写真とか
小糠雨の千畳敷カールを 1時間ほど散歩したのち、帰りのロープウェイの整理券を受け取る。普段は整理券の配布なんてしていないようだが、紅葉シーズンと下山ラッシュが相俟って混雑しているためだ。自分らのロープウェイまで 1時間ちょい。おなかはぺこぺこで、嫁は寒さで疲れてもいたのでちょうどよいとここでごはん。窓からの景色は絶景~♪レストランの雰囲気はスキー場のそれ、か。
ホテル千畳敷(駒ヶ根市)の料理の写真とか 窓の外を見ていると時折り雲がぐんぐん迫ってきて風景を覆いつくす。ふと目を離して再度見遣るとさっきの雲はいなくなる。不思議な光景。

「豚汁定食」
ホテル千畳敷(駒ヶ根市)の料理の写真とか 具だくさん。寒がる嫁に与えて、俺は隣のおとうさんふたりから登山の話を聞いていたら、豚汁の汁がなくなって返ってきただ。具だけかよ ( ゚Д゚)! ともあれ、冷えた体にとてもありがたい食事だな。ごはんがところどころ餅玉みたいになっているのが難だったが、全体がやわらかいよりはずっと増し。

「千畳敷飯」
ホテル千畳敷(駒ヶ根市)の料理の写真とか ソースカツ丼 feat. 千畳敷カール、だな。肉質も味付けも定食屋のそれだけど、発想は素敵。ソースカツ丼に力を入れている下界のお店でデビューさせてみればいいのに。ふと思いついたが、こいつの親戚ってトルコライスだな (^▽^桜)
 ところでこのメニューは何度見ても「千畳残飯」に読めてしまう。恐らく、俺だけだろうが。

観光地価格というより高標高地価格という感じでぼったくり感はなく、味もそれなりだし、出てくるものもおざなりではない。お店のねーさんもおかんもあにぃですら平均値の上を行くきれいどこ揃ってるし、これは観光地としての気合いの入れどころなのだろうか。まあ、我々に選択肢はないのだがね。この地で他に食事処を見つけるのは、ハリウッド俳優や黒人が大統領になるくらい困難な話なのだよ。


桜ん坊ブログ:千畳敷カールの紅葉(駒ヶ根市)


◆ 写真 ◆

ホテル千畳敷(駒ヶ根市)

店外
ホテル千畳敷(駒ヶ根市)

店外風景
ホテル千畳敷(駒ヶ根市)

店内
ホテル千畳敷(駒ヶ根市)

「千畳敷飯」
メニュー抜粋(2008/10/05)
千畳敷飯980 yen
豚汁定食820 yen
ソースローメン820 yen
五平餅定食1120 yen
島田娘御膳1120 yen
※ メニュー及び料金変更に関する一切の責任を負いません (:D)┓モコ