スリランカ料理店 アルッガマゲ

【電話番号】0265-85-0080
【営業時間】1100-1400, 1700-2030(ディナーは土日祝のみ。8名以上の予約があれば営業)
【定休日】水曜日
【住所】長野県上伊那郡宮田村;R153沿い;駒ヶ根インターより5分くらい

2005/05/01 (・∀・)スリランカー!ッテドコー?編

17時ちょい過ぎ、あいかわらず開店時を狙う。入店するが誰にも迎えられない。何度か呼んでいると低血圧の寝起きのような男がやってくる。帰るか(・△・?)ムカツク 声はか細く愛想もないが、奥の席もありますよと誘導してくれたりする。やる気があんだかねぇんだかわからん。奥のテラス側は午後から降り出した雨のせいでやや肌寒いので、玄関側のホールに戻る。店内に至るところに漂うスパイスの香りはそれほど刺激的ではなく、心地よいかぐわしさ。でも、しばらくするとなんか顔がホットになってきた。辛いもの食べた後の紅潮感に似てる。スパイス恐るべし。

ここに来る前に『アルッガマゲ』のサイト(2008/5/13、リンク死んでるな)の「今月のおすすめ料理」で見た「サティー」(串焼き)や「デビル」(炒め物)を頼むのを楽しみにしていたのだが、メニューに見つからない。従業員も先述のとおりのたらたらした態度をしてるため余計な会話を交わしたくない。このメニューじゃスリランカ料理店じゃなくて、スリランカカレー店だに。ちなみにメニューに掲載されているカレーの種類は『アルッガマゲ』のサイトに掲載されているそれの倍以上はある。ますますカレー店だら(^▽^笑) まあ、サイトのメニューは目安にしかならないようだ。更新されないサイトほど使えないものはない。それどころか今回は迷惑すら被っている。だいたい今日の俺はカレーモードじゃないのだ。


カレーは辛さの調節を頼めるようだが、先日『アゲイン』で灼熱地獄を味わった記憶が鮮明で、俺はだんまり。そしたら全然辛くないカレーがやって来た (´・д・) ヌー 両極端だなぁ。『アゲイン』もそうだったけど。さて、俺の「海老マサラカレー」はトマトベースということもあってか、カレー+シチューみたいな感じ。俺は好きじゃない。せっかく、ターメリックで色付けした「イエローライス」を注文したのにこいつとはマッチングが悪いし。連れの「セイロンチキンカレー」は玉葱ペースト+ココナッツミルクを使ったもの。カレーにココナッツねぇと俺はバカにしていたわけだが、連れはお気に召した模様。ちょっと待てくら!とカレーの交換。「セイロンチキンカレー」もまったく辛くないんだけど、(・∀・)こりゃんめ~っ!風味がとてもリッチ!何の風味かはわからなーい!鶏肉にも味がしみていていい感じだ。これは良い。ただ、連れが頼んだ「パンセット(ロティとバラタ)」(ロティ:ココナッツ入りのパン。サイズ、形はホットケーキ;バラタ:バターを織り込んだパイ生地みたいの。脂っこい)との相性はいまいち。俺らにもカレーにも合わない困ったパンである。「セイロンチキンカレー」+「イエローライス」の組み合わせが一等良かった。こいつらで食べると、更にんめっ!である d( ̄◇ ̄)b グッ

こんだけじゃ足りないかなと思って「パラタロール」を途中で追加。先のパイ生地でカレー味のじゃがいもを巻いたもの。これにソースを付けて食べる。ソースはピリ辛でうまいが、料理そのものは野暮ったくてな。腹の足しにはなるが、面白みがない。揚げて春巻き風にした方が幾分マシになるだろうに。

果たしてスリランカ気分な料理を味わうには俺たちはなにをすればよかったのだろうか(・△・?)ナーテ 店内の装飾はばっちり異国ムードで良かったけれど。


関連リンク:
□ メニュー抜粋 by 桜ん坊 ゜+.(・∀・)゜+.゜

2005/06/01 伊那家者さん編

(・∀・) 伊那家者さんよりご提供いただいたレポートー!

今日は宮田にあるスリランカ料理店
 『アルッガマゲ』
に行って来ました~

前から存在は知っていたんですが、「スリランカ料理」っていう物がどういった物か解らなかったのでちょっと敬遠していました
そうしたら今月号の「月刊かみいな」に紹介されていて、どうやらスパイシーなカレーを食べさせる店だと解ったので早速行ってみました~

店内に入ると数々のアジアンチックな装飾品とゆったりとしたスリランカの民族音楽のBGMがお出迎え
装飾品もそんなにケバケバしくはなくて、意外に落ち着ける感じな店内でした (・∀・)

オーダーの方は、俺はライスカレーに、サラダ、スープが付いた「Aセット」(カレーの種類によって600円~1200円)を「セイロンチキンカレー」のLサイズで
連れは「Aセット」を「魚ホワイトカレー」とパン(パンは70円UP)でそれぞれチョイスしました
いやー、流石にカレーの種類が豊富!ベースがココナッツベースとトマトベース、そこに具材各種なので、ざっと数えたら17種類も有り、上記のオーダーもだいぶ悩みました (;´Д`)

暫くして、コース料理みたく先にスープ、サラダが登場
スープの方は聞いた事の無いような豆のスープで、ちょっと薄めなやさしい感じ
サラダは薄切りのローストチキンが載っていてちょっとピリ辛でした。

そしてメインの「セイロンチキンカレー」が登場~
骨付きの大きめな鶏肉が2本も乗っていてなかなかの迫力(『ケンタッキー』より大きいお肉でした)
味の方は・・・あり?辛くない・・・むしろ煮込まれた野菜の味で甘いくらい
ちょっと拍子抜け、本場のカレーだって言うからどんなに辛いかと思ったら・・・
そこでメニューをよく見てみると「スリランカ現地の辛さはSサイズ50円・Lサイズ100円UP」と書いてありました
なるほど、コレは日本人向けに辛さ調節してあるのね (;・∀・)
だとしたら日本人の辛さに対する大勢を舐めてないか???辛いの得意ではない俺が物足りないって・・・
いや、辛いの食べるぞ!って気構えがあったせいかもしれませんがね
(んにゃ。子供も視野に入れようぞ by 桜ん坊)

このままでは物足りないと思ったので、メニューに書いてある「辛さ調節ソース」(無料)をもらって掛けてみる事に・・・
(ちょっと待て、そんなんあったんかい! by 桜ん坊)
うーんそれでもあんまり辛くな・・・うお!あとから キタ━━(゚∀゚)━━!!
別に痛いとか、とんでもなく辛いって訳じゃないのに汗が噴出してきた!!!
おお!こりゃ旨い!こうでなくちゃ!
中に入ってる具のお肉はスプーンでほぐれるくらいに柔らかくて美味しかったです
あと、サフランライスに乗っていた野菜、ただの温野菜かと思ったらなんとピクルス!
さっぱりして口直しにちょうど良かったです (・∀・)

連れの頼んだ「魚ホワイトカレー」は、ココナツベースで煮た魚が入っているといった物で、ちょっと生臭かったです (´・ω・`)
カレーの種類が豊富な分当たり外れも有るのかな?

結局辛さをUPしたら満足度もUPって感じでした。
なので今度は「スリランカ現地の辛さ」を食べに行きたいと思います (*^ー゚)b

※ 現地の辛さいくだ (・△・?)シムヨ by 桜ん坊


関連リンク:
□ メニュー抜粋 by 桜ん坊 ゜+.(・∀・)゜+.゜

2005/06/01 桜ん坊を包囲する会編

アルッガマゲ,奥さんが友達といってきてた.

「辛いというよりしょっぱい」とのことだった.

カレーより奥さんの方が辛口だったのね(笑

うめぇこと言いやがる(・Д・)ケェッ!

カレーパウダーを購入してきたのだが,購入してきた時点で既に賞味期限がきれていた...

やっぱりそんなものですか・・・(;・∀・)

クレームつけたら交換してくれたらしいけど...

あまりにもぁゃιぃから売ってる物はスルーしましたが・・・

スパイスって,香りが飛んじゃうから,結構賞味期限短いんだよね.

しかしそんなものを堂々と売るとは...

( ゚Д゚)y─┛~~ そんなこと っがまぇ!


関連リンク:
□ メニュー抜粋 by 桜ん坊 ゜+.(・∀・)゜+.゜

◆ 写真 ◆



「海老マサラカレー」


「セイロンチキンカレー」


「イエローライス」
メニュー抜粋(2005/05/01)
カレー
ダールカレー(Lサイズ;豆のカレー)600 yen
卵ホワイトカレー(Lサイズ;揚げ卵+ココナッツミルク)700 yen
海老マサラカレー(Lサイズ;海老とトマト)950 yen
セイロンチキンカレー(Lサイズ;玉葱+ココナッツミルク)790 yen
一品料理
パラタロール
 (薄焼きロティーのパラタでポテトカレーをロール)
550 yen
スパイスローストチキン(1ピース)490 yen
魚のモージュ(3ピース;
 スパイス漬けにした魚のフライ+酸味のある野菜ソース)
490 yen
特製チキンハムサラダ(Sサイズ)450 yen
ごはん系
イエローライス(ターメリックパウダーで色づけしたごはん)350 yen
パンセット(ロティとバラタ)420 yen
飲み物
マンゴジュース500 yen
コーラ380 yen
お酒
生中580 yen
ライオンラガー(スリランカ産)680 yen
カクテル各種700 yen
※ 上記、全部税抜きか?はっきりしない店がたまにあるな。
※ メニュー改変に伴なう料金変更に関する一切の責任を負いません。