ぐうでん

【電話番号】0265-85-4450
【営業時間】1130-1400, 1800-2300
【定休日】月曜日
【住所】長野県上伊那郡宮田村;R153沿い;ニシザワ宮田店近く

2005/06/19 角煮丼は『ぐうでん』編

店の入り口が引き戸であることに妙な違和感を感じるのは俺だけか。自動ドアならなんとも思わないのだが不思議なもんだな。店内にスタッフ4人とお客にカップルひと組。夕飯どきをとっくに逸脱した日曜の夜ったぁこんなもんだろう。スタッフの内挨拶する(あるいは俺に聞き取れる声で挨拶をした)のは約半数のふたり。若いのは元気ねーな。まあいいけど。で、そのガキ俺がカウンターに座りメニューを開くや否や伝票持って横に付く。うぜーよ。俺はスーパ速読術ってんじゃねーの!「お飲み物」って字面しか見てねーだらほい。おいおいおい、なにてめーは前のめりになって迫ってくんだ!しかもこのコバンザメくん、それから直ぐにふとあきらめてすぃっと消えやがった。即オーダーできない一見で悪かったな。気分悪いんで、カウンター越しに他のにぃさんに頼んだよ → 「角煮丼」(400円);「焼きもつ」(400円);ビール。

(・∀・) 焼きもつ→!
ぐうでん(宮田村)の料理の写真とか
焼いたというだけあってぱさつき感が生じている。タレは焼き鳥のそれとほぼ同じ。しかも市販のもののように甘ったる過ぎる。ネギはぴりりと新鮮だが、おのおのが協力し合う気がなくまとまりのない味。要改善。

(・∀・) 角煮どーん♂
ぐうでん(宮田村)の料理の写真とか
お母さんがなにかを囁いて持ってきてくれる。「ん。なんですか?」と訊ねると、ラーメンのセットメニューだからごはんを多めにサービスしてくれたのだそうだ。お気遣いいたみいります。うーん(^▽^笑)
サイドメニューとの指摘どおり、肉のボリュームはないし、華やかさにも欠けているが、それはいたしかたない話。味もサイドの位置付けどおりなものなのだろうと、諦観しならが食べてみる(ありがたいことにスプーンをつけてくれた!)。
(・∀・)うううううう...うまーい!
しっかりとした甘味があるのにくどくなくさらりとしている角煮。ただとろけるだけの角煮なら、昨今最早珍しくもないが、もちっとした食感から急ターンでとろりと化ける。そのくせ脂っ気が薄いから口ん中に俺の苦手なねちっこさもない。俺にとって肝心のごはんの炊き具合は及第レベルだし、だいたい角煮丼にキャベツのおひたしなんて思いもよらなかった。これは秀逸なる一品。コンスタントにこの状態を提供できるのならば、俺にとってありがたい角煮丼屋さんという、ラーメン屋さんにはまっことありがたくないであろう地位を確立してくれそうだ。

あー!あのキャベツはソースカツ丼の応用かー!Σ(゚ロ゚ノ)ノ
ソースカツ丼にあのじっとりキャベツを逆輸入してもらいたいな。うん。


関連リンク:
□ メニュー抜粋 by 桜ん坊 ゜+.(・∀・)゜+.゜

2005/09/11 角煮丼ラヴ編

連れにどうしても食べさせたかった「角煮丼」(400円)!
そして、俺がどうしても喰いたかった「角煮丼」!
(・∀・) やっぱりむめー!サイコー!
連れもしっかり唸ってる ∑d(≧▽≦*) イカスゼ! マイ ダーリン!!
まだ2度目だけど、スタビリィティ(安定性)もなから良さそーだ!

と程よく興奮したところで、他のお料理へ。

さて、今回の訪問の目的は「とろ玉チャーシュー麺」(880円)でもある。ずずずっと行けば美味しいスープ。でもこれって醤油なの???でも美味。でも醤油なの???と『原点』と同じで「醤油なの?でも美味しい」の無制限リフレイン。奥深いんのか、定義があいまいなのか桜ん坊の知る由もない。
ちなみにチャーシューについては、薄い肉がぷりっ!くにくにっ!と口で震える塩タンライク。こいつは痛快驚いた。
でも、ここの麺も好きくない。ラーメンで好きかなと思えた麺って1軒しか出会ってない。そういう自分、つまんない。けど、書き記す。これは俺様のメモなのだ。(・∀・) はっはっはー!...
ぐうでん(宮田村)の料理の写真とか

それからサイドに注文したのは「水ギョーザ」(400円)。
ぐうでん(宮田村)の料理の写真とか
こいつは連れの注文。ひとつだけつまんだけれど、うまかないけど、まあこんなもんじゃないかな。可もなく不可もないって奴だろうが、俺は好きじゃない。

そして、ビアのつまみにと「つまみメンマ」(300円)も頼んでみた。
ぐうでん(宮田村)の料理の写真とか
こいつは楽しみにしていた噂のカリカリメンマだったが、出されたものは、ちょい甘味が強く、表面は柔らかで、軽~く芯がこりりと残っている程度。ハズレか (´・д・) チィ 連れ曰く「メンマ好きにはたまらないのよ」だとさ。でも、メンマならなんでも良い子なのでこの発言はあてにならない。

なにを言ったところで、俺には大切な角煮丼屋さんなのだ。
でも、これは店にはやっぱり迷惑な話だと憶ったりするわけだけど (ё_ё)


関連リンク:
□ メニュー抜粋 by 桜ん坊 ゜+.(・∀・)゜+.゜

2009/01/25

木曽に自然湖(木曽郡王滝村)白川氷柱群(木曽郡木曽町三岳、西野川渓谷)を観に行った帰り、限定塩ラーメンの「潮濁り」を食べに『ぐうでん』に出掛けた。なぜか夕飯は宮田村w で、こいつ、2008年末までの限定だっただ (・A・)v

「濁り醤油拉麺 とろ玉チャーシュー麺」(中盛)
ぐうでん(宮田村)の料理の写真とか
味薄い、味しない、とぶつぶつ食べていると、そんなことないと嫁。はあ、さいですか。カレーラーメン(「香味カレー拉麺」)にすれば良かったかな。

「ぐうでん風 九州とんこつ」(期間限定)
ぐうでん(宮田村)の料理の写真とか
とんこつ。とんこつってのは、どこのお店もビジュアルが同じく見える。気のせいだろうが。『ぐうでん』のとんこつはマイルドでまろやか(重言レトリック)。ガツンはないが、おかげで最後まで食べやすい。

「角煮丼」
ぐうでん(宮田村)の料理の写真とか
(・∀・) うは~、さいこーです!

やぱまず「角煮丼」ありき、だわ。ここ。


関連リンク:
□ メニュー抜粋 by 桜ん坊 ゜+.(・∀・)゜+.゜

◆ 写真 ◆



店内


「濁り醤油拉麺 とろ玉チャーシュー麺」(中盛)


「ぐうでん風 九州とんこつ」(期間限定)


「角煮丼」


「焼きもつ」
メニュー抜粋(2005/06/19)
拉麺
濁り醤油拉麺(豚骨しょうゆ)600 yen
とろ玉チャーシュー麺880 yen
濁り味噌拉麺(豚骨みそ)650 yen
香味醤油拉麺(煮干しとかつお節)550 yen
トッピング
直火焼チャーシュー200 yen
メンマ150 yen
とろ玉80 yen
おつまみ
水ギョーザ400 yen
つまみチャーシュー400 yen
キャベチャー350 yen
もつ煮400 yen
焼きもつ400 yen
豚の角煮500 yen
冷奴(宮田とうふ工房)300 yen
御飯物
ちゃあしゅう 味玉丼450 yen
角煮丼400 yen
※ つまみとごはんの抜粋は俺の好みが色濃く出てるな(^▽^笑)
※ メニュー改変に伴なう料金変更に関する一切の責任を負いません。