韓国料理 出逢い

【電話番号】2065-73-7385
【営業時間】1800-0500
【定休日】年中無休
【住所】長野県伊那市坂下区入舟町3307-13;入舟の踏み切り隣

2007/10/06 できたて水餃子編

ベルディ』での食後に入舟散歩。余裕があればローメンでもと思うのだが、チーズ三昧のディッシュたちの攻勢で俺の腹は苦しいとうめく。一方、嫁はまだ余裕があるらしく、ローメンに未練がましい顔をする。そんな折、『出逢い』を通ると嫁が店の電飾看板に例の麺の写真を見つけてしまう。
 (・∀・) あっちゃん!れーめんだよ!
まるで捜し物を見つけたかのようにはしゃぐ嫁を無下にするのも忍びなく入店決定。。

店の扉は開けっ放してあり、店内は半分しか照明が点けられていない。
 すいません、やっとりますか?
と半身乗り出して訊ねると、おかんからはいはいってな感じの返事をもらえたので、申し訳ないけどあんまり食べられないんでとひと言断わってから、ふたりでカウンターへ。

突き出し
いくらの漬けがでてきた (・∀・)! と喜びつつも、これでいくらよ?と思ったが支払額を逆算すると 300-500円といったところか。それなりに良心的。
さて、いくらに喜びはしたが、俺はいくらは苦手なので(美味しそうなので見た目は好き)、おかんが目を放した隙に嫁の空の皿と差し換える。
 (・∀・) ぷっちぷちー!
と嫁はご満悦。そんなにぷちぷちがいいなら煎餅缶の緩衝剤でも噛んでりゃいいのに。

「ゴマの葉」
おにぎりをこれで包んだらどれほどうまいだろうか。

「水餃子」
おかんに薦められたので注文。その場で配合した餃子用のタレを俺たちに差し出すと、なんと具材を皮で包み始める。出来合いをお湯でぐつぐつするんじゃないのだ。あつあつの餃子の皮は弾力があってとても美味い。
ところで、焼肉屋や韓国料理屋で餃子ってよく見掛けるけど(伊那だけの話か?)、本国でも普通に食べるものなのだろうか?どうしても餃子には、中国 or ラーメン屋のイメージばかり浮いてくる。

「冷麺」
さて、嫁のメインドンブリ。蕎麦のような鶯色した麺。こんな色は初めて見た。ここのスープはそれほど冷麺的でなく、中央に載せられた唐辛子と果物で作った味噌を混ぜると辛くてうまくてさっぱり風味。普通の辛さらしいが、心地好い程度に顔がカッカする。冷麺が苦手な俺でもこの汁なら好きだ。連れはもちろん、
 (・∀・) おいしいーよ!
との感想。そして、『金太郎』の麺とこのスープで食べてみたいというのが、ふたりの共通した感想。

ここ『出逢い』を含め、入舟の韓国系の店はだいたいメニューの価格設定が 500円刻みとなっている。1000円とか 1500円が最頻価格。この価格設定についてずっと疑問に思っていたのだが、この界隈の性質上、韓国系の店は純粋な韓国料理屋ではなく、スナックも兼ねているからこれは文句を言う筋合いがないという結論に至った。

だが、ちょっと待って欲しい。(朝日社説調、両論併記)

閑散としている飲み屋街でいつまでも旧態依然としたやり方でよいのだろうか。
まあ、いいか。

だが、ちょっと待って欲しい。(一発だけなら誤射かもしれない論法)

料金設定というのは客に対して店が示せる無言の誠実さのひとつだ。所謂、高級と冠する店で 10円単位まで細かく設定されたメニューを見たとき、オーナーの料理への真摯さと客への誠実さを見られた気になる。また、たとえ腐れ接客をする下劣なラーメン屋であってもその謙虚な価格設定が客を挽きつけるひとつの理由となる(接客悪きゃ俺は行かんけどな)。ありがたいことに、伊那谷の一般飲食店で怠慢な価格設定をしている店は記憶にないが、これができていないのなら実情に即した設定に改めるべきではないだろうか。


関連リンク:
□ メニュー抜粋 by 桜ん坊 ゜+.(・∀・)゜+.゜

◆ 写真 ◆



店外


「冷麺」


「水餃子」


「ゴマの葉」
メニュー抜粋(2007/10/06)
辛いおつまみ
チャンジャ300 yen
ゴマの葉500 yen
キムチ盛り合わせ600 yen
イカ炒め1000 yen
タコ炒め1300 yen
ユッケスープ1500 yen
チェユック炒め2000 yen
辛くないおつまみ
ユッケ1500 yen
チヂミ1000 yen
水餃子1000 yen
焼餃子1000 yen
コムタンスープ1500 yen
プルゴギ(2人前)3000 yen
辛い鍋物
ブデチゲ3000 yen
てっちゃん鍋3000 yen
アンコウ蒸3000 yen
辛くない鍋物
味噌鍋1000 yen
麺類
キムチラーメン700 yen
冷麺1000 yen
ご飯物
キムチ茶碗(キムチ入チャーハン)1000 yen
ビビンパ1000 yen
クッパ1500 yen
ユッケクッパ1500 yen
参鶏湯(要予約)2800 yen
お飲み物
マッコリ(小)1500 yen
瓶ビール700 yen
烏龍茶300 yen
※ メニュー及び料金変更に関する一切の責任を負いません (:D)┓モコ