レストラン パオ

【電話番号】0265-83-6507
【営業時間】1100-1400, 1700-2130
【住所】長野県駒ヶ根市上穂北11-3

2021/3/13 ステーキ丼

篠突く雨の中、肉を喰らいに『パオ(駒ヶ根市)』へ。
駒ヶ根に着くころには小雨に変わった。
レストラン パオ(駒ヶ根市)の料理の写真とか
週末は家の掃除もあり出遅れて 11:40ころ着(開店の 11時目標だった)。
でも店内には先客は髭の作業服がひとりのみ。
ずっと漫画を左手から離さずに食事をする年寄り。
誰かの形見なんだろうきっと。

その後、会計までに客は 5名来店。
内 3名が作業服。
ずっとお洒落めな喫茶店と思っていたけど、
わりとガテン系向けなのか。
ステーキ丼の大盛り頼んだりもりもりしてた。

「ステーキ丼(250g)」(1600円)
レストラン パオ(駒ヶ根市)の料理の写真とか レストラン パオ(駒ヶ根市)の料理の写真とか 生のにんにくがバチコンと効いた、
やや甘めの甘じょっぱいソースが印象的。

肉をめくると繊切りキャベツがあって、
うわーって引いたけど、
細切りだし、僅かだし、しんなりしていて、
肉とも米ともよく調和していた (*´ч`*)ンマー
レストラン パオ(駒ヶ根市)の料理の写真とか
肉の火入れはレアからウェルダンまでまちまちで、
ソースの掛かり具合もまちまち、
ご飯はポロポロとしていて箸で掴みづらい、
が、赤身主体のこのステーキ丼は旨いな。
表面をカリッと焼いてあるのもよい。
こういうシンプルに焼いた肉が旨く安価で喰える店が伊那にもあればいいのに。
レストラン パオ(駒ヶ根市)の料理の写真とか
食事の後半、従業員が水を注いでくれたので、
すみませんとお礼を言うも無反応。
彼女、会計時にレジ打ちしても金額を述べず、
なんだこの人?って思っていたが、
支払いを済ませると元気にありがとうございました!と言われたりして。
従業員に違和感を覚えると居心地が悪い。
常連とは気安く話していたから人を見ているのか。

食後は『アルッガマゲ(宮田村)』でアフタヌーンチーの予定が、
開始の 14時までにだいぶ時間があり、
駒ヶ根でそこまで時間を潰す気もなく帰宅った。
と思わせて『二八(伊那市)』で伊那ブラックを啜った。
〆のラーメンって奴だ。
なんの〆か分からんが。